• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2017年10月 > 第17回とよひら子どもユメひろば開催

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

第17回とよひら子どもユメひろば開催

2017年10月1日

切り絵師の世界にふれてみよう!
~第17回とよひら子どもユメひろば開催~

ユメひろば1ユメひろば2

  10月1日(日)午前9時から、HTB北海道テレビ(以下、HTBという。)本社1階onちゃんカフェ(豊平区平岸4条13丁目)で、「第17回とよひら子どもユメひろば」が開催され、豊平区内の小学校に通う子どもたちが、切り絵師の仕事を体験した。

 「とよひら子どもユメひろば」は、豊平区の子どもたちに「仕事」に関する知識や面白さを伝えるため、HTBと連携協力し、豊平区が主催しているもの。
  これまでにもさまざまな職業の方を講師に迎えており、17回目となる今回は、切り絵師やイラストレーター、グラフィックデザイナーとして国内外で活躍し、HTBの番組制作にも関わりのある原義一(はら・よしかず)さんが切り絵の魅力を紹介した。

 初めに、原さんから、切り絵を制作するようになった経緯や絵を仕事とすることの大変さなどについての話を聞いた後、実際に原さんが制作した切り絵作品に触れる時間が設けられ、子どもたちは手の込んださまざまなデザインの作品を興味深そうに眺めていた。

  その後、原さんからペン型アートナイフと呼ばれる専用の道具の使い方や制作の流れについて説明を受け、HTBのマスコットキャラクター「onちゃん」をモチーフに切り絵制作を開始。子どもたちは、本や鉛筆など思い思いの飾りをonちゃんに付け足し、個性豊かな下書きを完成させた。

  切り抜きの工程では、慣れないアートナイフに手間取る姿も見られたが、原さんの「ゆっくり、丁寧に進めましょう」というアドバイスの下、真剣なまなざしで作業にあたっていた。

 最後に、原さんが子どもたちの作品をのり付けし、作品が完成すると、子どもたちは作品発表会で自分の作品を披露した。参加した女の子は、「無事うまくいってほっとした」と初めての体験に満足そうな表情で話していた。

ユメひろば3ユメひろば4

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603