• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2017年10月 > 「南平岸避難所チャレンジ」開催

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

「南平岸避難所チャレンジ」開催

2017年10月1日

もしもの時にどう対応するか考えよう
「南平岸避難所チャレンジ」開催

南平岸避難所チャレンジ1南平岸避難所チャレンジ2

  10月1日(日)午前10時から、平岸小学校体育館(豊平区平岸2-14)で南平岸地区「避難所チャレンジ」が開催され、9つの単位町内会から約120名が参加した。

 これは、「基幹避難所」である学校体育館を実際に使用し、地域住民が主体となって避難所運営をシミュレーションすることにより、災害時および日ごろの備えを確認することを目的として南平岸地区町内会連合会が主催したもの。

 この日は、震度6強、マグニチュード7.3の直下型地震が発生し、ほとんどのライフラインが断たれ、避難者が平岸小学校に殺到している想定で、避難所運営を体験した。

 まず始めに、参加者らは、「インフルエンザの疑いがある」などのどんな状態で避難してきたのかが書かれた「コンディションカード」を首から下げ、実際の避難者役となり、他の参加者が受け入れ対応を考えていく研修が行われた。

 参加者からは、「小さい子どもとお母さんには十分に配慮しなくてはいけない」「食糧の提供は手袋をするなど衛生面に気をつけなくてはいけない」などといった意見が活発に出されていた。

 その後、小学校のグラウンドに移動した参加者らは、貯水槽を見学し、非常用の飲料水を汲む体験を行った。そのほか、三角巾を使用した応急処置の研修や非常食などの試食も体験した。

 研修の最後に、南平岸駅前町内会の髙橋宣男(たかはし・のりお)会長は「避難所運営訓練は、繰り返し行っていかなければならないもの。この研修をきっかけにして少しでも多くの方が避難所運営に携わっていっていただければと思う」と感想を話していた。

  南平岸避難所チャレンジ3南平岸避難所チャレンジ4

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603