• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2017年3月 > 「とよひらまちづくりパートナー活動報告会」開催

ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

「とよひらまちづくりパートナー活動報告会」開催

2017年3月14日

地域貢献活動のさらなる飛躍を願って
~「とよひらまちづくりパートナー活動報告会」開催~

活動報告会の様子 活動報告会の様子

 3月14日(火曜日)午前10時から、豊平区民センター第1・2会議室(豊平区平岸6条10丁目)で、とよひらまちづくりパートナー活動報告会が初開催された。

 「とよひらまちづくりパートナー制度」は、多様な担い手によるまちづくりを推進することを目指して豊平区が創設した制度。地域貢献活動に参加・協力したいという意欲のある企業、学校、団体などを「とよひらまちづくりパートナー」として登録し、地域の求めに応じて、区が企業や団体などと地域との連携を調整し、具体的な活動につなげている。2016年2月29日から登録団体の募集を開始し、これまでに31団体が登録している。

 この報告会は、今年度行われた各団体の活動報告や意見交換と併せ、まちづくりパートナー間での情報共有や関係促進を図ることを目的に実施されたもので、この日はとよひらまちづくりパートナー13団体から関係者20名が参加したほか、豊平区長や区内各地区のまちづくりセンター所長らが出席した。

 開催にあたり、三井一敏(みつい・かずとし)豊平区長は、「豊平区の取り組みに賛同・協力いただき誠に感謝している。このような場を生かして企業や団体同士のネットワークを広げ、さらなるまちづくりに貢献してほしい。」とあいさつした。

 報告会では、豊平区が作成した「活動報告書」を基に発表が行われ、活動事例として、新入学児童の登下校時の見守り、花植え前の土起こし作業、地域と合同で行った清掃活動、夏まつりでの特別ブース出展、除雪ボランティアなどが紹介された。

 また、2月19日(日曜日)~26日(日曜日)に開催された「2017冬季アジア札幌大会」にあたり、豊平区を訪れた方々に豊平区オリジナル折り紙を使用した折り鶴をプレゼントするため、とよひらまちづくりパートナーが協力して折り鶴を製作した取り組みが報告されると、各団体から、「このような一つの目標に向かってさまざまな企業や団体が取り組むことは素晴らしいこと。またこのような機会を作ってほしい。」と前向きな感想が寄せられた。

 最後の意見交換では、まちづくりセンター所長から「イベントに協力いただいたことで、町内会側の意識も変わった部分もあるので感謝したい。」「今後も積極的に声を掛けたいが、事業がスムーズに運ぶように活動可能な時期を詳しく教えてほしい。」などの意見があった。さらに、登録団体からも「もっと登録団体を増やすことはできないか。」「このように一堂に会する場を複数回設けてほしい。」などの要望もあり、まちづくりへの熱い思いが語られた。

活動報告会の様子 活動報告書

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603