• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 地区ニュース > 2016年の地区ニュース > 2016年10月 > 「アップルスマイル大使」委嘱状授与式を実施

ここから本文です。

更新日:2016年10月7日

「アップルスマイル大使」委嘱状授与式を実施

2016年10月6日

藤本姉妹が「おもてなしの街・豊平」のPR大使に就任!
~「アップルスマイル大使」委嘱状授与式を実施~

委嘱状贈呈の様子(左は三井区長、右は藤本那菜選手) アップルスマイル大使名刺贈呈の様子(左が三井区長、右は藤本奈千選手)

 10月6日(木曜日)午前10時から、豊平区役所内で、「アップルスマイル大使」の委嘱状授与式が行われ、三井一敏(みつい・かずとし)豊平区長が、豊平区出身の女子アイスホッケー選手である藤本那菜(ふじもと・なな)選手と、藤本奈千(ふじもと・なち)選手(以下「藤本姉妹」という。)に、大使を委嘱した。

 豊平区では現在、冬季オリンピック・パラリンピックの招致を見据え、豊平区に訪れる方々を温かくお迎えする気運の醸成や地域の活性化を図ることを目的に、地域・企業・商店街などと連携して「おもてなし」の取り組みを進めている。

 今後、この取り組みをさらに広げていこうと、「アップルスマイル大使」となった藤本姉妹に、自身の競技活動や区内での各種大会・イベントなどを通して、豊平区の魅力発信のほか、おもてなしの取り組みのPRなどに協力していただくこととなった。

 授与式では、藤本姉妹それぞれに、委嘱状と各種PRなどに使用するアップルスマイル大使名刺を贈呈した。姉の那菜選手は「女子日本代表チームもスマイルジャパンという愛称なので、『スマイル』には縁があります。アップルスマイル大使として、笑顔でPRし、役割を果たしたいと思います!」と力強く宣言。今季、カナダの女子アイスホッケーリーグの「ボストン・ブレイズ」入りが決まった妹の奈千選手は「チャームポイントの笑顔を絶やさず、ボストンでも『アップルスマイル大使』として、札幌や北海道をPRしていきたいです!」と笑顔で話し、2人とも今後の活動に意欲を見せていた。

 授与式終了後には、豊平区キャラクター『こりん』『めーたん』から花束を贈呈。

 また、「アップルスマイル大使」の初仕事として、大使の就任と来年2月に開催される「第8回アジア冬季競技大会(2017/札幌)」の意気込みを語ったメッセージ動画を収録。この動画は完成後、豊平区のホームページに公開する予定となっている。

スティックを持って記念写真(左からこりん、藤本那菜選手、三井区長、藤本奈千選手、めーたん)

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区市民部総務企画課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2400

ファクス番号:011-813-3603