• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 区役所案内
  • みどころ
  • 区内施設一覧

ホーム > 施設一覧 > 保健センター > とよひら”風土”コレクション「減塩野菜料理教室」を開催しました(令和元年8月29日)

ここから本文です。

更新日:2019年9月6日

とよひら”風土”コレクション「減塩野菜料理教室」を開催しました(令和元年8月29日)

8月の「野菜摂取強化月間」に合わせ、月寒公民館2階料理室で、『とよひら“風土(フード)”コレクション「減塩野菜料理教室」』を開催しました。
この教室は、野菜の摂取量増加の啓発とともに、健康寿命延伸のため、「減塩」のコツについても学んでいただくことを目的としたものです。

当日は、応募者多数による抽選の結果、24人の豊平区民にご参加いただきました。

初めに、区役所の管理栄養士が「身体にやさしい減塩料理と野菜摂取のコツ」をテーマに講話を行い、減塩のポイントや野菜のとり方、レシピ説明の後、調理を開始しました。

メニューは、「ごはん」、「簡単酢豚」、「切り干し大根の味噌汁」、「甘酒しょうが和え」、そして、区のゆかりの食材である「りんご」を使った「りんごのチーズクリーム添え」の5品。

日本人の食事摂取基準2015年版では、生活習慣病予防のための食塩摂取の1日の目標量を、男性8グラム未満、女性は7グラム未満としています(成人)。 そこで、1日の約3分の1の食塩摂取量を体感していただくため、1食分の食塩相当量が2.2グラムの献立をご紹介しました。

調理の際には、食育のボランティアである「豊平区食生活改善推進員」に、調理器具の場所や取り扱いの説明、調理の補助など、参加者の皆さんが手際よく作業ができるようお手伝いいただきました。

そして、料理が完成。

参加者の皆さんからは、「薄味でも美味しかった」「とても簡単に作れました」「美味しいから家族にも食べて欲しいです」など、ご好評をいただきました。

和やかな雰囲気の中、ちょっとしたコツで、食塩を減らした身体にやさしく野菜たっぷりの美味しい料理ができることを、体験していただくことができました。

 20190829gennennyasai

簡単酢豚(4人分)・実施献立より

20190829gennennyasairyouri

(材料)

玉ねぎ1個、ピーマン2個、赤パプリカ1/6個、しいたけ2枚、豚小間切れ肉240g、塩・こしょう少々、片栗粉大さじ3、ごま油大さじ1強、ポン酢しょうゆ大さじ4

(作り方)
1.玉ねぎはくし切りにして、ばらばらにする。ピーマン、パプリカは乱切りにする。しいたけはそぎ切りにする。
2.ポリ袋に豚小間切れ肉を入れて塩、こしょうで下味をつけ、片栗粉を入れて全体にまぶす。
3.フライパンにごま油を入れて温め、2の豚肉を炒め、次いで玉ねぎ、ピーマン、パプリカ、しいたけを炒める。
4.3にポン酢しょうゆを加えて全体にとろみがつくまで炒め合わせる。
1人分213kcal、食塩相当量0.8グラム)

(ポイント)
・ごま油を使い、香ばしさを出します。
・ポン酢を使い酸味をきかせることで、少ない塩分でも物足りなさを感じさせません。

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市豊平区保健福祉部健康・子ども課

〒062-8612 札幌市豊平区平岸6条10丁目1-1

電話番号:011-822-2472(直通)

ファクス番号:011-822-4111