ここから本文です。

更新日:2017年3月20日

平成22年2月23日・24日 大正絵本コレクションに関する研究会

平成22年(2010年)2月23日(火)、24日(水)の両日、梅花女子大学より香曽我部教授をお招きして、日本児童文学学会北海道支部主催の研究会を札幌市中央図書館にて開催しました。

翰林書房刊『大正期の絵本・絵雑誌の研究』(香曽我部秀幸・編 三宅興子・編)の第三章「絵本絵雑誌にみる印刷技法と絵画表現」をテキストに、印刷について学びました。

大正期の絵本・絵雑誌を印刷技術という新しい視点でとらえなおす研究会は、活発な質問が飛び交い、とても有意義なものでした。

1 2 3

『大正期の絵本・絵雑誌の研究』は市内に9冊所蔵がありますので、興味のある方はご覧ください。

また、中央図書館では、大正期絵本コレクションの館内閲覧ができます。興味のある方は、中央図書館1階の児童担当までお申し付けください。
館内閲覧が可能な本(PDF:25KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。