ここから本文です。

更新日:2021年7月8日

用途地域の指定のない区域における日影規制区域について

<平成22年12月9日>

    建築基準法施行条例第5条(日影による中高層の建築物の高さの制限)等を改正しました。

用途地域の指定のない区域(市街化調整区域)の一部に新たに日影規制が適用されます。

<平成23年10月5日> 

清田・真栄地区の地区計画の変更に伴い、同条例第5条等を改正しました。

<令和3年7月8日>

手稲山口地区及び前田公園南地区に用途地域が指定されたことに伴い、同条例別表等を改正しました。

用途地域の指定のない区域で日影規制が適用される地区

新川北地区

(北区)

清田・真栄地区

(清田区)

曙11条2丁目地区

(手稲区)

これらの地区の位置については位置図(PDF:297KB)を参照ください。

※上記の区域に接する周辺の区域も含まれます。(各地区図参照)

適用される日影規制の内容

(建築基準法第56条の2、別表第4及び札幌市建築基準法施行条例第5条の規定による規制)

(い) (ろ) (は) (に)
地域 用途地域の指定のない区域で下記に定める区域 制限を受ける建築物 平均地盤面からの高さ 敷地境界線からの水平距離が5mを超えて10m以内の範囲における日影時間 敷地境界線からの水平距離が10mを超える範囲における日影時間

第1種低層住居専用地域

第2種低層住居専用地域

A

  • 新川北地区(調20)
    全区域
  • 曙11条2丁目地区(調23)
    一般住宅地区の区域
  • 上記に接する区域のうち市長が定める区域
軒の高さが7mを超える建築物または地階を除く階数が3以上の建築物 1.5m 3時間 2時間

第1種中高層住居専用地域

第2種中高層住居専用地域

B

  • 曙11条2丁目地区
    医療・福祉地区の区域
  • 上記に接する区域のうち市長が定める区域
高さが10mを超える建築物 4m 3時間 2時間

第1種住居地域

第2種住居地域

準住居地域

近隣商業地域

準工業地域

C区域
  • 清田・真栄地区
    全区域
  • 曙11条2丁目地区
    沿道地区の区域
  • 上記に接する区域のうち市長が定める区域
高さが10mを超える建築物 4m 4時間 2.5時間

※商業地域・工業地域・工業専用地域・用途地域の指定のない区域で上記以外の区域については、日影規制はありません。

上記のA区域、B区域、C区域の詳細は下記の各地区ごとのファイルを参照

新川北地区(令和3年7月8日現在)(PDF:370KB)

清田・真栄地区(令和3年7月8日現在)(PDF:1,091KB)

曙11条2丁目地区(令和3年7月8日現在)(PDF:379KB)

条例及び地区計画について

告示年月日

平成22年12月9日札幌市告示第2528号

平成23年10月7日札幌市告示第2207号

令和3年7月8日札幌市告示第4359号(最終改正)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市都市局建築指導部管理課 

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎2階

電話番号:011-211-2859

ファクス番号:011-211-2823