ホーム > くらし・手続き > お仕事・お住まい > お住まい・土地 > 住まいの情報 > 市営住宅 > 平成30年北海道胆振東部地震の被災者への市営住宅の提供について

ここから本文です。

更新日:2019年6月14日

平成30年北海道胆振東部地震の被災者への市営住宅の提供について

【お知らせ】
札幌市では、平成30年北海道胆振東部地震の被災者に対する支援の一環として、被災者の皆様に市営住宅を提供します。

申込方法等について

入居対象者

平成30年北海道胆振東部地震により、引き続き住宅に住むことができない等の理由で住宅に困窮している方で、り災証明書の交付を受けることができる方

提供する住宅

原則として市営住宅もみじ台団地の4階及び5階を中心とした住宅

  • 1階及び2階の住宅は空家が少ないため、身体障害者手帳の交付又は要介護認定を受けている方で階段昇降が困難な方がいる世帯のみ先着順で受け付けします。
  • 小学生又は中学生がいる世帯については、校区を考慮した地区の団地を提供できる場合があります。
  • ペットを飼育しており、入居を迷われている方がいましたら、動物管理センターで災害時動物救護ボランティアによるペットの一時預かりの相談を受け付けています。

ペットの一時預かり相談担当

札幌市動物管理センター
電話番号011-736-6134(受付は平日8時45分から17時15分)

費用負担

家賃及び駐車場使用料は無償。光熱水費、共益費等は入居者負担。

申請期限

令和元年(2019年)9月30日(月曜日)

受入期間

  1. 以下のいずれかに該当する方は、令和2年(2020年)9月30日(水曜日まで。
  • り災証明書で「全壊」、「大規模半壊」、「半壊」の判定を受けている場合
  • 二次災害等により住宅に被害を受ける恐れがある場合
  • ライフライン(水道、電気、ガス等)が途絶している場合
  • 地すべり等により避難指示を受けている場合

   ※ 令和2年(2020年)10月1日以降の取り扱いについては、未定です。

   2. 上記1以外の方は、令和元年(2019年)9月30日(月曜日)まで。

  • 札幌市営住宅の入居要件を満たす方は、令和元年(2019年)10月1日以降も現在使用している住宅に継続してお住まいいただけます(有償)。

申込みに必要なもの

  • 市町村が発行するり災証明書
  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 身体障害者手帳又は介護保険被保険者証(1階又は2階の住宅を希望の方のみ)

申込先

札幌市都市局市街地整備部住宅課
電話番号011-211-2806(受付は平日8時45分から17時15分)

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市都市局市街地整備部住宅課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎7階

電話番号:011-211-2806

ファクス番号:011-218-5144