• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ここから本文です。

更新日:2021年3月18日

令和2年度作品集3

稲穂遠藤

稲穂小:遠藤 希実さん

・《左上》SDGs4番 質の高い教育をみんなに 《左下》SDGs14番 海のゆたかさを守ろう 《右下》SDGs15番 りくのゆたかさも守ろう

《右上》SDGs16番 平和と公正をすべての人に

 

 

 

稲穂小玉

稲穂小:小玉 隼士さん

・この10年後の手稲は電柱が風力発電になっています。そこでつくった電気をその場で使うことができるのです。地下鉄がとおっています。全部水素自動車です。

 

 

稲穂高橋

 

稲穂小:高橋 皐月さん

・みんな元気の「な」をちょっと見えなくしました。電車がとおっている最中なのでそうしました。自転車は未来なので、タイヤが横にして飛ぶようにし、ドリンクおきばをすぐとれる横にしました。ふみきりは信号みたいに赤に変わったり青に変わったりします!

 

 

前田中央糸畑

前田中央小:糸畑 陽真さん

・10年後手稲くんアイランドという名前になってとっても有名の都会になり空港や駅は、新幹線もできて手稲くんプールもできて、とってもすごい所になってゆうえんちやコストコもできます。海に家があって、手稲タワーができます。10年後が楽しみです。

 

 

前田中央大沼

前田中央小:大沼 さくらさん

・人と動物がなかがよくなっている10年後がいいと思ってこの絵を書きました。工夫しているところは、冬と夏がつながっていて、動物がいっぱいいるところです。10年後、動物といっぱいなかよくしていたいです。10年後、動物といっぱいなかよくしていたいです。 

 

 

稲積瀧上

 

稲積小:瀧上 桜さん

・この絵のタイトルは「自然あふれる美しい手稲のまち」です。この鳥がいる意味は、「自然」と「未来に羽ばたいて」という意味があります。木もれびも自然を想像できるように描きました。美しいこのまちが、10年・20年後でもいいので、この願いが叶ってほしいです。クーピーと色鉛筆をうまく使い分けました。夏から秋への季節のうつり変わりを表しました。色の濃さや薄さの加減に特に気を付けました。

 

 

新発寒落合

新発寒小:落合 壮琉さん

・日本一高い手稲タワーがあって世界で初めてのとぶ車や雲の上に家があって世界で一番長いすべり台があってゴンドラがあってなぞのせいぶつがいるまちです。そしてとくしゅなおり方があります。

 

 

新発寒出川

新発寒小:出川 なおさん

10年後は障がい者への工夫がふえていてほしいから、ロボットが車いすを押してくれたり、音声案内をしてくれたり、手話を通やくしてくれたりしている所を書きました。テーマは「だれにでもやさしく」です。10年後はどうですか。

 

 

新発寒佐藤

西宮の沢小:さとう ひなたさん

・コロナが10年後にはおさまっているといいなと思いながら書きました。

 

 

西宮の沢吉田

西宮の沢小:吉田 朱里さん

・手いね区にある西宮の沢公園は子どもから大人まで楽しめる公園なので、そこにかんらん車やパワースポットなどがあれば、もっと楽しめることが出来ると思ったのでドリームパワースポットになればいいなぁと思いました。 

 

令和2年度作品集1へ

令和2年度作品集2へ

令和2年度作品集4へ

 

小学生の夢・10年後の手稲のまち事業トップページへ

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部地域振興課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2445

ファクス番号:011-681-2523