• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ここから本文です。

更新日:2016年10月24日

平成28年度作品集3

佐々木

前田北小:佐々木 陽翔さん

 10年後の手稲は、手稲ドームができていて、そこがファイターズのホームになります。たくさんの人が新かん線に乗って手稲ドームに試合を見に来ます。夜には、きれいな花火が打ち上げられ、ぼくの家からも見ることができます。

 

横山

新陵小:横山 瑠さん

 草をむしるきかいが通れるように家がういています。天気が雨のときは、あめ(飴)がふってきて、魚は海ではなく空をおよぎます。しんかんせんは、カラフルになって、家よりも空よりも高く、せんろがなくてもはしれます。あと、家がういているといいことがあります。じしんがきても、家がゆれないということです。わたしは、10年後こうだといいなぁーと思いました。

 

山本

新陵小:山本 悠樹さん

 ふつうの車は車道を走っていて、あるスイッチをおすとタイヤがひっこみ、はねがでてきます。空を自由に飛べる車のアイディアを考えました。じゅうたいにべんりです。 

 

葛坂

新陵小:葛坂 夏海さん

 今の手稲区はいなかだから、都会になってほしいなぁーと。たくさんビルを建てて都会にしました。 

 

丸子

稲穂小:丸子 和也さん

 ぼくは、「新かん線」がていねくにくることです。新かん線の下に海があって、魚もたくさんいる。新かん線の上には、パンやさんや、ビルや山がたくさんある。「新かん線」は、トンネルをとおって、えきへいくところです。 

 

鎌田

前田中央小:鎌田 昂彦さん

 僕は、手稲は自然あふれる町だと思ったので、木や緑を残しました。一番の特徴は、手稲山の上に町があることです。他にも、手稲区のキャラクターのていぬくんのききゅうが飛んで、前田には、北海道新幹線が通る線路などがあると思いました。 

 

水上

前田中央小:水上 羽菜さん

 やっぱり手稲感を出したかったので、区役所をていぬくんの形にしました。手稲駅も形や色を変えたり、スーパーなどもカラフルにしました。ほかにも人や車をたんくさんかいて、にぎやかな感じにしました。 

 

 

28年度作品集1へ

28年度作品集2へ

28年度作品集4へ

28年度作品集5へ

 

小学生の夢・10年後の手稲のまち事業トップページへ

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部地域振興課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2445  内線:255・256

ファクス番号:011-681-2523