• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > まちづくりセンター > 手稲鉄北まちづくりセンター > HUG(避難所運営ゲーム)体験講座を開催

ここから本文です。

更新日:2018年2月17日

HUG(避難所運営ゲーム)体験講座を開催

HUG20180215

2月15日(木曜日)、鉄北コミュニティープラザで「HUG(ハグ=避難所運営ゲーム)体験講座」が開催され、手稲鉄北地区の町内会の防災担当役員など26人が参加しました。

これは、避難所をどのように運営するか具体的なイメージをつかんでもらおうと、市内の各小学校などで実施されている「HUG」を少しでも多くの町内会関係者に体験してもらおうと、手稲鉄北まちづくり協議会(会長畑中裕)が主催したものです。

参加者たちは5人程度のグループに分かれ、一般的な小学校の施設をモデルケースにして、さまざまな家族構成や健康状態の避難者たち、さらには支援物資の申し出や問い合わせなど避難所で起こりうる出来事が書かれたカードを順番に読み上げながら、どのように受け入れるか、どう対応するかを決めていきました。

HUGは初めてということで、最初はとまどっていた参加者たちも次第にゲームに慣れ、学校施設の図面などを参考にしながら「どうしようかしら」「特別教室を使おう」などと真剣な表情で話し合っていました。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部手稲鉄北まちづくりセンター

〒006-0832 札幌市手稲区曙7条3丁目6-22(鉄北コミュニティープラザ内)

電話番号:011-684-0048