• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > まちづくりセンター > 手稲鉄北まちづくりセンター > 「ていぬペタンク」で遊ぼう! 「第8回てつほくあそびねっと」開催

ここから本文です。

更新日:2017年11月28日

「ていぬペタンク」で遊ぼう! 「第8回てつほくあそびねっと」開催

petannku201701

11月25日(土曜日)、手稲鉄北小学校(前田2条12丁目)の体育館において、「ていぬペタンク」の競技を楽しむ「第8回てつほくあそびねっと」が開催され、地域の子どもたちや大人たち80人が会場を訪れました。

「ていぬペタンク」は、陸のカーリングとも呼ばれるフランス生まれの球技「ペタンク」をアレンジして、小さなお子さんからお年寄りまでが気軽に楽しめるよう、手稲鉄北地区の住民たちが平成22年に考案したもの。

この大会は、手稲鉄北まちづくり協議会(畑中裕会長)が主催し、例年秋ごろに開催しているもので、今年で8回目。

参加者たちは12のチームに分かれて、色とりどりの軍手を使って「ぐんていぬ」(競技に使う球)を作り、手稲区のマスコットキャラクター「ていぬ」をイメージした顔を描き込みました。

その後、各チーム3試合ずつ対戦して合計得点を競いましたが、試合が始まると各コートから大きな歓声が上がり、子どもも大人も大いにゲームを楽しんでいました。

この日は、札幌市の広報番組「札幌ふるさと再発見」の収録も行われており、12月9日(土曜日)11時54分から11時59分まで、STVからの放送予定となっています。

petannku201702

色とりどりのカラー軍手を使って競技に使う“球”を作ります

petannku201703

表彰式には手稲区のマスコットキャラクター「ていぬ」も登場!

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部手稲鉄北まちづくりセンター

〒006-0832 札幌市手稲区曙7条3丁目6-22(鉄北コミュニティープラザ内)

電話番号:011-684-0048