• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > まちづくりセンター > 手稲鉄北まちづくりセンター > 手稲稲山連合町内会で「災害時支え合い研修会」開催

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

手稲稲山連合町内会で「災害時支え合い研修会」開催

稲山支え合い研修

4月29日(土曜日)、鉄北コミュニティープラザ(曙7条3丁目)において「災害時支え合い研修会」が開催され、手稲稲山連合町内会の役員関係者をはじめ民生委員・児童委員など54人の住民が参加しました。これは、災害時の避難の際に助けを希望する方を地域で支える仕組みを考える機会にしようと、同連合町内会と手稲区が合同で企画したもの。

講師に、一般社団法人ウェルビー・デザイン理事長の篠原辰二(しのはら・しんじ)さんを招き、被災地における避難所の実態や大規模災害が起こるたびに進歩していった避難行動の考え方、札幌市が行っている避難行動要支援者名簿情報の提供の仕組みなどの説明を受けました。

参加者からは、「現実の話を聞くと心の準備ができるので良かった」や「一人暮らしだが、近所づきあいが大切だということがよく分かった」、「町内会として今後の活動に活かしたい」などの感想が寄せられていました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部手稲鉄北まちづくりセンター

〒006-0832 札幌市手稲区曙7条3丁目6-22(鉄北コミュニティープラザ内)

電話番号:011-684-0048