• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > まちづくり > まちづくりセンター > 手稲鉄北まちづくりセンター > 手稲稲山連合町内会で「ふれあい交流会」

ここから本文です。

更新日:2015年10月28日

手稲稲山連合町内会で「ふれあい交流会」

20151028-10

10月28日(水曜日)、手稲稲山連合町内会主催の「ふれあい交流会」が開催されました。これは、地域にお住まいのおひとり暮らしの方々と楽しいひとときを過ごそうと企画されたもので、役員も含め49名の方が参加されました。

手稲稲山連合町内会の畑中裕(はたなかゆたか)会長から、「毎月3日が見守りの日、という話がありましたが、見守りは月1回では足りません。私たちは毎日見守りをしています。」との御挨拶がありました。心強いお言葉。お互い、見守り見守られ。やさしくあたたかい地域であること、改めて感じます。

会食と懇談がはじまります。このような機会に、外出し、多くの方にあって、お話して、おいしいごはんを一緒にいただいて。それが、いちばん。

アトラクションがはじまります。まずは詩吟。豊かな声量で、朗々と吟じられます。次は舞踊。裾捌きも美しく、優雅な踊りです。

そして、さんのう幼稚園の年長組さん、登場です。そろいの法被に身を包み、歌と太鼓の披露です。そのあとは、それぞれのテーブルで、地域の皆さんとおしゃべりタイム。「かわいいね~」「うれしいわ」そんな声とともに、みなさん、満面の笑み。

遊んだあとは、講話のお時間。

第2地域包括支援センターの泉(いずみ)センター長から、ある認知症の方のお話。人によって、どんな症状がでるか、いろいろであることがわかりました。そして、体操。体操といっても、介護予防ではありません。若返りですよ。若返り。ちょっとワクワク。ワタシも続けてみようかな。

手稲警察署の屋敷(やしき)係長から、秋の交通安全と、高齢の方に多い気持ちと行動のギャップについて、お話を聴きます。陽が短くなり、気づいたら薄暗くなってるこのごろ。自分は大丈夫と思わないで、十分気を付けたいです。

参加されたみなさん、これからもお健やかに、お元気でお過ごしくださいね。また会えるときを楽しみにしてます。

役員の皆さん、ありがとうございました。

 

20151028-11

20151028-12

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部手稲鉄北まちづくりセンター

〒006-0832 札幌市手稲区曙7条3丁目6-22(鉄北コミュニティープラザ内)

電話番号:011-684-0048