• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 保健センターからのお知らせ > 食育情報 > 食育イベント情報 > 8月は「野菜摂取強化月間」です

ここから本文です。

更新日:2022年8月17日

8月は「野菜摂取強化月間」です

札幌市では「健康さっぽろ21」推進の一環として、年間を通して野菜摂取強化事業に取り組んでいます。特に8月を「野菜摂取強化月間」と定め、より一層活動に力を入れています。手稲区においても、野菜摂取の大切さや望ましい摂取量等について啓発をしていきます。

「野菜食べチャオ!パネル展」を開催しました

令和4年(2022年)8月2日(火曜日)15時~8月5日(金曜日)14時に、JR手稲駅自由通路あいくる広場にて「野菜食べチャオ!パネル展」を開催しました。1日の野菜摂取目標量や野菜を手軽に食べる工夫、手稲の地場産物等についてポスターを掲示し、併せて資料配布を行いました。期間中には多くの皆様にお越しいただき、各種資料をお持ち帰りいただきました。

ていぬ(チョキ)1日の野菜摂取目標量は何gだったかな…?答えは下に書いてあるよ!

引き続き、手稲保健センター2階事務室にて、野菜レシピ・パンフレットを配布しております。手稲区役所にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

R4「野菜食べチャオ!パネル展」実施の様子1R4「野菜食べチャオ!パネル展」実施の様子2

「子どもと一緒に食べたい!野菜料理教室」の開催

令和4年(2022年)8月31日(水曜日)に、手稲区にお住まいの3歳頃~小学校低学年の保護者を対象とした「子どもと一緒に食べたい!野菜料理教室」を開催します。下記リンクから詳細をご覧いただけます。※申込は令和4年(2022年)8月12日(金曜日)~8月22日(月曜日)

令和4年度健康料理教室「子どもと一緒に食べたい!健康料理教室」参加者募集!

札幌市民は野菜不足!?

野菜5皿分成人の1日あたりの野菜摂取目標量は350g以上で、野菜のおかず5皿程度に相当します。平成28年に行った札幌市健康・栄養調査の結果では、市民(成人)が1日に食べている野菜の量は平均で288gでした。目標の350gまではあと約60g、野菜のおかず1皿程度です。野菜には、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれており、「血糖値の上昇を緩やかにする」「コレステロールの吸収を抑える」といった働きが期待できることから、生活習慣病予防に効果的です。いつものお食事に野菜のおかずをもう1皿プラスして、より健康的に、食卓を豊かにしてみませんか?

野菜を食べるメリット

1.肥満を予防

肥満を予防イラスト

野菜に含まれるビタミンB群は、糖質(ブドウ糖)をエネルギーに変える手助けをしてくれます。

2.免疫力アップ

免疫力アップイラスト

緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンは、体の中でビタミンAとなり、のどや鼻の粘膜を守ります。

3.美肌効果

美肌効果イラスト

抗酸化ビタミンであるビタミンC・Eは、顔のシミ・シワなどの原因となる有害物質から、身体を守る働きがあります。

4.便秘の予防・解消

便秘予防・解消イラスト

蠕動運動を盛んにし、便の排泄を促します。また、血糖値の上昇やコレステロール吸収を抑え、生活習慣病予防に役立ちます。

おすすめ野菜レシピ

手稲保健センターでは、レシピ付きリーフレットを2階事務室にて配布しています。ご希望の方はお声がけください。

野菜摂取強化月間リーフレット(PDF:1,117KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区保健福祉部健康・子ども課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-1211

ファクス番号:011-681-1723