• ホーム
  • 利用者のみなさまへ
  • 事業者のみなさまへ
  • 事業の紹介
  • ご意見・ご提案

ホーム > 利用者のみなさまへ > 財政・事業計画 > 財政 > 令和2年度(2020年度)予算編成方針の概要

ここから本文です。

更新日:2019年10月24日

令和2年度(2020年度)予算編成方針の概要

令和2年度(2020年度)の札幌市水道局予算案の作成は、「予算編成方針」に基づいて行います。

令和2年度(2020年度)予算編成方針の概要公式キャラクター

札幌市水道局の財政課題

水道事業の主たる収入である給水収益は、これまで減少傾向で推移してきており、人口減少社会の到来や大口需要者の地下水への転換などを要因として、中長期的にも減少傾向は継続すると見込まれています。

一方、経年劣化に伴う水道施設の更新や耐震化等の災害対策は、昨年度の胆振東部地震の発生等も踏まえ、安全・安定給水を堅持していくための喫緊の課題であり、事業の実施には多額の経費が必要となることから、建設改良費は引き続き高い水準で推移していくことが予想されています。

こうしたことから、水道事業の財政状況は今後一層厳しくなると見込まれ、将来にわたり健全経営を持続していくためには、収益の向上と費用の削減に努め、毎年度の利益を確保することはもとより、中長期的な収支見通しを踏まえた計画的な事業執行を行っていく必要があります。

令和2年度予算の位置づけ

札幌市水道局では、平成27年度からの10年間を計画期間とした札幌水道ビジョン(以下「ビジョン」という。)に基づき、前半5年間(平成27年度から令和元年度)の財政収支見通しを策定し、各事業を計画的に進めてきたところであり、今年度は後半5年間(令和2年度から令和6年度)の財政収支見通しの策定を進めております。

令和2年度予算は、ビジョン後半5年間のスタートとなる予算であることから、予算編成にあたっては、ビジョンで掲げた目標の達成に向け、事業の進捗に留意するとともに、あらためて後半の財政収支見通しとの整合性を図ることが求められます。

予算編成方針

令和2年度予算編成においては、『中長期的な視点を持ち計画的かつ創意工夫による事業構築を行うとともに、事業の必要性や事業費の妥当性等を十分に検証することにより、効率的で健全な財政運営を堅持する』ことを基本方針とし、予算編成を行います。


 

前のページへ

このページについてのお問い合わせ

札幌市水道局総務部財務課

〒060-0041 札幌市中央区大通東11丁目23

電話番号:011-211-7016

ファクス番号:011-232-1740

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る