• ホーム
  • 利用者のみなさまへ
  • 事業者のみなさまへ
  • 事業の紹介
  • ご意見・ご提案

ホーム > 利用者のみなさまへ > 各種お知らせ・お願い > 水道局職員をかたる詐欺事件が発生しました!

ここから本文です。

更新日:2017年8月30日

水道局職員をかたる詐欺事件が発生しました!

8月29日(火)午後、豊平区において水道局職員を名乗る者による詐欺事件が発生しました。

【事件の概要】
 水道局職員を名乗る男性が突然訪問し、水道の蛇口を交換するので家に入らせてほしいと言ってきたので、家の中に入れ水道の蛇口を交換してもらったところ、修理代金として20万円を請求された。
 「郵便局に行かなければお金がない」と男性に告げたところ、「郵便局に一緒に行こう」と言われ、男性と一緒に郵便局に行き、20万円を引出して男性に支払った。

 

ニセ水道局職員にご注意を!

最近、水道局職員を装ったり、水道局から依頼されたと偽って、浄水器の設置や屋内配管の取替・清掃などを行う、悪質な訪問販売や電話勧誘が発生しております。

  • 平成28年12月:中央区道局職員を名乗る人物から電話があり、水道使用量が多いため、水道使用量を抑える蛇口(特許申請済み)を取り付けたい。そのために宅内の水道の蛇口の個数を教えて欲しいと話がある。3万円以上の水道料金がかかっているところに電話しているとのことで、蛇口を取り付けて水道代が削られた何割かを水道局に支払って欲しいと言ってきた。
  • 平成28年5月:東区道局職員を名乗る男2人が自宅に来て、「使用量が多くなってきているので、水道を見せてほしい」旨の説明をしたうえで、家に上り込み、台所と風呂場の水を出して帰っていった。
  • 平成28年1月:厚別区「赤水が出ています。」と、業者を名乗るものが訪ねてきて、室内に上がりこみ、気づいたら物がなくなっていた。

水道局では以下のような行為は行っておりません。

  • 蛇口や水道管などの修理や水質検査、漏水検査などを行ってお客様からお金をいただくこと。
  • 浄水器の販売・斡旋や屋内水道管の取り替え等の工事契約を行うこと。

不審と思われる場合には、水道局職員の身分を証明するものの提示を求めていただくか、お住まいの区を担当する配水管理課にお問い合わせください。

 

<市民の方から通報のあった具体例>

  • 平成25年2月:手稲区
    高齢女性宅に水道局職員を名乗る男性が来て、勝手に室内に上がりこみ、宅内の蛇口の様子を一通り見た後、9,000円を請求してきた。高齢女性は言われたとおりに代金を支払ってしまった。
  • 平成25年2月:手稲区内
    高齢女性宅に業者を名乗るものから電話が来て、「水道点検で明日ご自宅に伺います。費用は500円です。」と言ってきた。翌日、2度にわたり怪しい電話が来たが、女性の息子が出ると、無言で電話が切れた。
  • 平成24年9月:豊平区内
    男性から電話が来て、「市として調査をしている。配管に問題が見つかったため、これからご自宅に伺います。」と言ってきた。
  • 平成24年7月:豊平区内
    男性が家に来て、「水道局から来た。水道管の漏水や錆の状態を調べたい。」などと言って、費用を請求してきた。

※他の区でも同様のケースが発生しております。

 

ニセ水道局職員にご注意を!

 

前のページへ

このページについてのお問い合わせ

札幌市水道局総務部総務課

〒060-0041 札幌市中央区大通東11丁目23

電話番号:011-211-7007

ファクス番号:011-232-1740

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る