市営交通 > 交通局の取組み > 地下鉄からのお知らせ > 令和4年11月8日に発生した車両不具合に伴う地下鉄東豊線の運休について【その後の対応】

ここから本文です。

更新日:2022年11月25日

令和4年11月8日に発生した車両不具合に伴う地下鉄東豊線の運休について【その後の対応】

令和4年11月8日(火曜日)、東豊線において車両不具合が発生し列車の運行に欠行が生じました。

このことの原因について、下記のとおりお知らせいたします。

日時

令和4年11月8日(火曜日)19時18分頃

発生場所

東豊線元町駅(栄町駅方面)

概要

  1. 19時18分ころ、元町駅に到着した栄町駅行き13列車(4両編成)は、異常を検知し走行不能となった。
  2. 19時45分ころ、大通駅~福住間の折り返し運転を開始した。
  3. 20時24分ころ、故障車を本線から退避させるため、後続の列車と連結させ、栄町駅留置線までの回送運転を開始した。
  4. 故障車を栄町駅留置線に留置完了後、21時11分より全線運転を再開した。

影響

  1. 影響人員:約12,200人
  2. 欠行便数:北行15便、南行13便

原因

負荷切放用配線遮断器が「切」状態となったため。

負荷切放用配線遮断器は、なんらかの理由で架線からの電力供給ができなくなった際に、一定時間、非常灯等の必要な車両用機器を車載蓄電池からの電力供給で動作させるため、他の機器への電力供給を遮断する機器である。

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局高速電車部業務課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2746

ファクス番号:011-896-2793

表示の切り替え:
パソコン
モバイル