市営交通 > 交通局の取組み > 地下鉄からのお知らせ > 令和3年9月27日の南北線北24条駅車両故障による列車遅延について【その後の対応】

ここから本文です。

更新日:2021年10月7日

令和3年9月27日の南北線北24条駅車両故障による列車遅延について【その後の対応】

令和3年9月27日(月曜日)、南北線において車両故障が発生し列車の運行に遅れが生じました。

このことについて、その後の対応を下記のとおりお知らせいたします。

日時

令和3年9月27日(月曜日)7時53分頃

発生場所

南北線北24条駅(麻生駅方面)

概況

  1. 7時53分ころ、北24条駅(北行)に到着した麻生駅行き12列車(6両編成)は、信号系(列車の位置を検知する装置)の異常が発生した。このため、全列車の運転を見合わせた。
  2. 8時01分ころ、点検を行った結果、復旧しないことから前途運休とし、8時21分ころ、麻生駅4番線に留置した。
  3. 8時25分から全列車の運転を再開したが、南北線の全列車に25分から30分の遅延が発生した。
  4. 影響人員 約20,000人

原因とその後の対応について

信号保安装置(列車の位置を検知する装置)の動作不良により発生したと考えられ、関係機器を調査しましたが、その際は故障が再現しませんでした。
そのため、考えられる関係機器を予備品と交換後、本線試運転等を実施し、動作不良等がないことを確認しましたので、10月11日より営業運転に使用予定です。
なお、予備品と交換した装置は、引き続きメーカーにて調査中です。

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局高速電車部車両課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2751

ファクス番号:011-896-2793

表示の切り替え:
パソコン
モバイル