市営交通 > 交通局の取組み > 地下鉄からのお知らせ > 令和元年5月15日の非常列車停止警報装置の動作及び、朝ラッシュの乗客混雑が重なったことにともなう列車遅延について【お詫び】

ここから本文です。

更新日:2019年5月15日

令和元年5月15日の非常列車停止警報装置の動作及び、朝ラッシュの乗客混雑が重なったことにともなう列車遅延について【お詫び】

令和元年5月15日(水曜日)、東西線において非常列車停止警報装置の動作及び、朝ラッシュの乗客混雑が重なり列車遅延が発生しました。

ご利用のお客様に、大変ご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

詳細について下記のとおりお知らせいたします。

日時

令和元年5月15日(水曜日)7時30分頃

発生場所

東西線 南郷13丁目駅1番ホーム(新さっぽろ方面)

概況

  1. 7時30分ころ、南郷13丁目駅1番ホーム(新さっぽろ方面)で非常列車停止警報装置が動作(旅客が駅員への非常通報釦と押し間違えたため)したため、東西線の全列車の運転を見合わせ、南郷13丁目駅ホームの安全を確認したのち、7時36分に全列車の運転を再開しました。
  2. その後、朝ラッシュの乗客混雑が重なり、東西線各列車に3分~14分の遅れが発生いたしました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局高速電車部業務課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2742

ファクス番号:011-896-2793

表示の切り替え:
パソコン
モバイル