市営交通 > 交通局の取組み > 環境にやさしい地下鉄 > 札幌市交通局の節電対策(平成29年4月~6月)

ここから本文です。

更新日:2017年4月7日

札幌市交通局の節電対策(平成29年4月~6月)

平成29年(2017年)4~6月の節電対策

 交通局では、札幌市の節電方針を踏まえ、平成28年(2016年)12月1日~平成29年(2016年)3月31日までを冬の節電期間として、各種の節電対策に取り組んできました。
 この冬の節電期間の終了後についても、環境負荷の低減や電気料の節減のため、お客様に多大な影響が出ない範囲で、できる限りの省エネ・節電に取り組んでいく必要があることから、交通局では、平成29年4月以降においても、下記のとおり、節電対策を継続していくことといたしました。
 お客様には、引き続きご不便をおかけすることとなりますが、安全・安心な運行の確保はもちろん、お客様の利便性に十分配慮しながら取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

地下鉄

実施項目

取組内容

実施期間

車内
  • 車両室内灯の間引き(1両2本)
  • 車内暖房の抑制(外気温に応じた暖房の間欠運転)

4月1日~6月30日まで

駅構内照明
  • 駅名標識(ホーム)の全消灯
  • 駅構内案内標識の消灯
  • コンコースの照明の間引き
    ※ホームの照明は安全のため間引きしません。
  • 電照広告の一部消灯(公共広告など)
  • 飲料自販機の消灯(※設置事業者判断)

4月1日~6月30日まで

 

エスカレーター
  • 大通駅の一部のエスカレーター停止
    (10時00分~16時00分)

  ※同方向に複数のエスカレーターがある箇所。

  ※エレベーターは停止しません。

4月1日~6月30日まで

 

その他駅設備
  • 換気設備風量制御

  ※結露する駅については、風量制御は行いません。

4月1日~6月30日まで

 

路面電車(市電)

実施項目

取組内容

実施期間

車内
  • 車両室内灯の消灯(運転手判断)
  • 車内暖房の抑制(暖房の間欠運転)

4月1日~6月30日まで

 

バスターミナル(交通局管理)

実施項目

取組内容

実施期間

ターミナル構内
  • 照明・空調の抑制

4月1日~6月30日まで

 

その他

  1. 上記の他に、交通局各庁舎、車両基地、電車事業所などの交通局関連施設において、照明の間引き、空調の抑制、作業機器の使用制限等の節電対策を行います。(可能なものは通年実施しています。)
  2. 取組内容・実施期間は、状況により変更する場合があります。

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局高速電車部業務課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2742

ファクス番号:011-896-2793

表示の切り替え:
パソコン
モバイル