ここから本文です。

更新日:2022年1月14日

聖火リレー

聖火リレートップ

東京2020オリンピック聖火リレーは、2021年3月25日(木曜日)~7月23日(金曜日)の121日間で実施されました。福島県のナショナルトレーニングセンターJヴィレッジでグランドスタートが行われ、日本全国47都道府県を巡り、東京都の東京都庁でゴールを迎えました。

北海道では、2021年6月13日(日曜日)~14日(月曜日)に実施される予定で、1日目は、函館市を出発し、アイヌ文化復興等の拠点となる白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)でセレブレーションが行われ、2日目は、苫小牧市を出発、胆振東部地震で特に大きな被害を受けた厚真町等を経由し、札幌市内の北3条広場(アカプラ)でセレブレーションが行われることになっていました。しかし、北海道を対象とした緊急事態宣言の期間が、2021年6月20日(日曜日)まで延長されたことを受け、予定されていた聖火リレーは中止、点火セレモニーのみが実施されました。

点火セレモニー(札幌市)

北海道内での聖火リレーに代わり、点火セレモニーが実施されました。

実施概要

日時

2021年6月14日(月曜日)14時00分~15時30分(予定)

会場

札幌市北3条広場(アカプラ)

内容

北海道聖火ランナー紹介、代表ランナーの紹介、聖火皿への点火など

無観客での実施となりますので、会場へ入ること及び会場外から観覧することはできません。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市スポーツ局招致推進部調整課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西1丁目1番地7 ORE札幌ビル9階

電話番号:011-211-3042

ファクス番号:011-211-3048