ここから本文です。

更新日:2021年8月2日

ランニングイベント「オリンピアンと走ろう」

ランニングの様子東京2020大会のマラソン競技開催及び距離表示銘板設置を記念して、阿部雅司さんを講師に迎え、東京2020オリンピック競技大会のマラソンコースの紹介や観戦時の注目ポイント等を伝える講演や、実走によるランニングレクチャー、東京2020大会マラソンコースの5km地点銘板の見学を行いました。

日時

令和3年7月17日(土曜日) 9時30分~11時50分 /13時30分~15時50分

場所

中島公園内及び中島体育センター(札幌市中央区中島公園1番5号)

主な内容

ゲスト講師 阿部雅司氏らによる講演

スキー・ノルディック複合で、1988年、1992年、1994年の3度のオリンピックに出場し、1994年のリレハンメルオリンピックでは、団体金メダルを獲得、現役引退後に始めたマラソンではウルトラマラソンにも挑戦している阿部雅司さんを講師に、今回の東京2020大会のマラソンコースを動画を交えて紹介、レースのポイントを解説いただきました。

また、エクセルアスリートクラブの石井代表、福島選手、5月5日に札幌で行われたマラソンのテストイベントで実際にマラソンコースの一部を走った藤澤選手にも講師として参加いただき、オリンピック選手が1秒を削り出すためにどのようなギア(靴やサングラス、機能付きの時計等)を使用しているのかなどを、写真や実物を交えてご紹介いただきました。

講演の様子 講師の様子

ランニングレクチャー

中島体育センターでの講義のあとは、外に移動し、中島公園内でのランニングレクチャーが行われました。

ランニングレクチャーは、いくつかのグループに分かれ、軽いジョギングを行うグループから、本格的なマラソントレーニング「ファルトレク」を体験するグループまで、参加者の希望に合わせて講師と公園内を走りました。

当日は、30℃を超える暑さのなかでしたが、水分補給や休憩をはさみながら、参加者は講師とのランニングを楽しんでいました。

 ランニングの様子3 ランニングの様子2

距離表示銘板(5km地点)の見学

ランニングの合間に、中島公園の北側近くにある、東京2020大会マラソンコースの5km地点に埋め込まれた距離表示銘板を見学しました。

 

銘板見学の様子 銘板

この日は、午前と午後の回に分かれ、20代から60代まで約30人が参加し、心地よい汗を流しました。

ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市スポーツ局国際大会担当部東京オリンピック・パラリンピック担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西1丁目1番地7 ORE札幌ビル9階

電話番号:011-211-3007

ファクス番号:011-211-3048