ここから本文です。

更新日:2015年10月29日

平成26年度 個別広聴の結果

 「市民の声」の傾向

 平成26年度に市民の声を聞く課や各区の広聴係(以下「広聴部門」という。)に寄せられた市政に関する意見・要望等の数は6,876通で、前年度の7,259通から383通(5.9%)減少しました。

 <「市民の声」種類別内訳の推移> (単位:通)

  提言 要望 苦情 問合せ その他 合計
平成24年度

381

6,274

1,238

269

396

8,558

平成25年度

339

5,042

1,135

237

506

7,259

平成26年度

231

5,323

762

189

371

6,876

<用語の説明>
提言:市政に関する制度、政策、施設などの新設、廃止、変更を求める意見・アイデアなど
要望:市などの事務事業について、何らかの改善を要求し、期待を表明して、その実現を求めるもの
苦情:市などの事務事業の遂行に伴って生じた、個人や団体が被った迷惑、不利益、不愉快な思いなどの不満を表明するもの、およびこれに対する是正、賠償、陳謝などを求めるもの
問い合わせ:市の事務事業の内容等を尋ねるもの(電話番号、住所など簡易な内容の問合せを除く)
その他:上記4種類のいずれにも該当しないもの

ページの先頭へ戻る

 「市民の声」受付方法別内訳

 広聴部門に寄せられた6,876通の意見・要望等を受付方法別にみると、個別広聴で前年度に比べて増加しているのは電話、手紙・文書、インターネット、新聞投書、その他広聴で、特に電話は、115通(6.0%)増加しました。

 また、前年度に比べて、集団広聴と市政提案レターは減少しました。

 <平成26年度の「市民の声」受付方法別内訳>

(単位:通)

  提言 要望

苦情

問合せ その他 合計

合計

(前年度)

個別広聴 来訪・面談

18

513

111

14

15

671

(761)

個別広聴 電 話

16

1,663

244

42

51

2,016

(1,901)

個別広聴 手紙・文書

20

589

110

43

90

852

(850)

個別広聴 市長宛の手紙

1

233

5

2

4

245

(268)

個別広聴 インターネット

13

622

145

65

58

903

(835)

個別広聴 市長宛のメール

3

890

41

4

33

971

(1,153)

個別広聴 市長宛要望書

0

6

0

0

0

6

(9)

個別広聴 区長宛要望書

0

91

14

0

4

109

(172)

個別広聴 新 聞 投 書

0

67

0

0

21

88

(84)

個別広聴 そ の 他

1

24

1

10

1

37

(22)

個別広聴(計)

72

4,698

671

180

277

5,898

(6,055)

集 団 広 聴

18

78

0

0

3

99

(147)

小 計

90

4,776

671

180

280

5,997

(6,202)

市政提案レター

141

547

91

9

91

879

(1,057)

合 計

231

5,323

762

189

371

6,876

(7,259)

 

 <「市民の声」受付方法別内訳の推移> ( )書きは対前年度伸び率
平成26年度「市民の声」受付方法別内訳の推移

ページの先頭へ戻る

 「市民の声」対応結果別内訳

 広聴部門に寄せられた6,876通の「市民の声」のうち、広聴部門または担当部で回答の対応を行ったものは1,770通で、全体の25.7%となっております。

 <「市民の声」対応結果別内訳>
平成26年度「市民の声」の対応結果別内訳

ページの先頭へ戻る

 「市民の声」窓口別受付状況

 平成26年度に広聴部門に寄せられた6,876通の意見・要望等のうち、市民の声を聞く課で受けたものは4,933通、各区の広聴係で受けたものは1,943通です。
 区の中では中央区が341通で最も多く、次いで南区(261通)、北区(217通)の順となっています。また、前年度に比べ最も変動が大きかったのは中央区で、128通(27.3%)の減少でした。次いで変動が大きかったのは清田区で、60通(26.7%)減少しました。

(単位:通)

  中央 白石 厚別 豊平 清田 西 手稲 区計 本庁
平成24年度 390 224 205 261 204 231 192 328 207 110 2,352 6,206
平成25年度 469 237 109 229 216 163 225 309 148 132 2,237 5,022
平成26年度 341

217

147 208 164 165 165 261 148 127 1,943

4,933

 

ページの先頭へ戻る

 

 「市民の声」声主別内訳

 広聴部門に寄せられた6,876通の「市民の声」のうち、個人からのものが6,737通で全体の98.0%(男性53.2%、女性33.6%、性別不明11.2%)を占めています。また、残りの139通(2.0%)が団体からのものです。
<「市民の声」の声主別内訳>

平成26年度「市民の声」の声主別内訳

 

ページの先頭へ戻る

 「市民の声」内容分野別内訳(PDF:100KB)

 平成26年度の意見・要望等(市政提案レターを除く)を内容分野別にみると、「行政運営・その他」が1,125件と最も多く、「福祉・障がい・母子・高齢」、「道路・除雪・橋・河川」、「職員の接遇・対応」、「公園・緑地・街路樹等」の順に続いています。

1. 「行政運営・その他」に関する意見・要望等

 「行政運営・その他」の分野には、前年度比78通(7.4%)増の1,125通が寄せられました。本庁舎・区役所・区民センター等の管理に関するものが162通で全体の14.4%を占めています。このほかには、議会に関するものが78通(うち元朝日新聞記者関連47通、政務活動費9通)、窓口業務に関するものが70通寄せられました。

2. 「福祉・障がい・母子・高齢」に関する意見・要望等

 福祉・障がい・母子・高齢」の分野には、前年度比114通(10.4%)減の976通が寄せられました。生活保護に関するものが343通で全体の35.1%を占めています。このほかには、障がい者対策に関するものが154通、母子家庭に対する対策や子育て支援に関するものが64通寄せられました。

3. 「道路・除雪・橋・河川」に関する意見・要望等

 「道路・除雪・橋・河川」の分野には、前年度比58通(6.7%)減の800通が寄せられました。除雪や排雪などの雪対策に関するものが305通で全体の38.1%を占めています。このほかには、道路管理に関するものが284通寄せられました。

4. 「職員の接遇・対応」に関する意見・要望等

 「職員の接遇・対応」の分野には、前年度比107通(19.0%)減の454通が寄せられました。職員苦情(職員の説明不足、職員の知識不足、職員が不親切・態度が不快、等)が328通で全体の72.2%を占めています。職員などの苦情以外(感謝など)は93通寄せられました。

5. 「公園・緑地・街路樹等」に関する意見・要望等

 「公園・緑地・街路樹等」の分野には、前年度比49通(14.7%)増の382通が寄せられました。公園緑地管理に関するものが220通で全体の57.6%を占めています。このほかには、街路樹管理に関するものが59通寄せられました。

6. 「公共交通・駐車場・駐輪場」に関する意見・要望等

 「公共交通・駐車場・駐輪場」の分野には、前年度比64通(15.1%)減の360通が寄せられました。公共交通機関のサービス、顧客対応、施設に関するものが113通で全体の31.4%を占めています。このほかには、交通計画に関するものが62通寄せられました。

7. 「市民交流・国際・広報」に関する意見・要望等

 「市民交流・国際・広報」の分野には、前年度比106通(24.7%)減の324通が寄せられました。広報・広聴に関するものが116通で全体の35.8%を占めています。このほかには、アイヌ施策に関するものが42通寄せられました。

8. 「住宅・街づくり・景観」に関する意見・要望等

 「住宅・街づくり・景観」の分野には、前年度比12通(4.8%)減の237通が寄せられました。建築確認・指導に関するものが79通で全体の24.4%を占めています。このほかには、市営住宅に関するものが47通寄せられました。

ページの先頭へ戻る

 個別広聴

 個別広聴とは、来訪・面談、電話、手紙・文書、インターネットメール、ホームページ上の投稿フォームなどの受付方法により、個人や各種団体から個別に寄せられた意見・要望等をいいます。平成26年度に寄せられた個別広聴による意見・要望等は、5,898通で全体の85.8%を占めています。


 来訪・面談

 広聴部門の窓口を訪れ、直接口頭で意見・要望等を申し立てたものに関する受付数は、平成26年度は671通で、前年度に比べ90通(11.8%)減少しました。

 電話

 広聴部門に電話で意見・要望等を申し立てたものに関する受付数は、平成26年度は2,016通で、前年度に比べ115通(6.0%)増加しました。

 手紙・文書

 手紙・文書、ファクス、インターネットメール等の手段により寄せられた意見・要望等の受付数は、平成26年度は852通で、前年度に比べ2通(0.2%)増加しました。

 市長宛の手紙

 手紙・文書、ファクス、インターネットメール等の手段により寄せられた意見・要望等であって、市長宛に寄せられたと認められる内容のものを「市長宛の手紙」としております。平成26年度の受付数は245通で、前年度に比べ23通(8.6%)減少しました。

 インターネット(市政提案)

 札幌市のホームページの投稿フォーム「インターネット市政提案」から市政への提案を送付してもらうもので、平成10年4月に開設しました。平成26年度の受付数は903通で、前年度に比べ68通(8.1%)増加しました。

 市長宛のメール

 札幌市のホームページの投稿フォーム「市長宛のメール」から市長宛に直接意見・要望等を送付してもらうもので、平成15年9月に開設しました。平成26年度の受付数は971通で、前年度に比べ182通(15.8%)減少しました。

 市長宛要望書

 各種団体から市長宛に書面で寄せられた意見・要望等であって、その内容が団体構成員全体の利害にかかわり、かつ、全員の意思が反映されていると認められるものを「市長宛要望書」としております。平成26年度の「市長宛要望書」受付数は6通で、前年度に比べ3通(33.3%)減少しました。

 区長宛要望書

 各種団体などから区長宛に書面で寄せられた意見・要望等が「区長宛要望書」です。平成26年度の「区長宛要望書」の受付数は109通で、前年度に比べ63通(36.6%)減少しました。

 新聞投書

 新聞の読者投稿欄等に掲載された意見・要望等のうち特に市政に関連するものとして取り上げたものは、平成26年度は88通であり、前年度に比べて4通(4.8%)増加しました。

 その他

 合同行政相談会など上記以外の方法で受け付けた意見・要望等については、平成26年度の受付数は37通であり、前年度に比べて15通(68.2%)増加しました。

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部市民の声を聞く課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎1階

電話番号:011-211-2042

ファクス番号:011-218-5165