ここから本文です。

更新日:2013年2月26日

平成23年度 市政世論調査結果

調査の概要

調査対象者 層化2段無作為抽出法で選んだ札幌市全域の20歳以上の男女1,500人
調査方法 個別訪問質問紙留置法
調査期間 平成23年(2011年)8月1日(月曜日)~8月22日(月曜日)
回収数(率) 1,356件(90.4%)

 

ページの先頭へ戻る

 IT(パソコンやインターネット)活用(平成23年度テーマ)

 札幌市では、今日急速に広まっているIT(パソコンやインターネットなど)を利用して、市民の皆さんがより迅速に正確な行政情報を入手できるよう、また、より日常生活を便利に送ることができるよう、さまざまな情報化施策に取り組んでいます。そこで今回、市民の皆さんがパソコンやインターネットなどのITをどの程度活用し、市が行っているITを活用した情報化施策に対してどのような意識、要望を持っているかということを調査・把握することは、今後の札幌市における情報化施策の指針を検討するにあたり必要と判断されたため、このテーマで調査を実施しました。

パソコンの利用の有無

  • 利用している(60.3%)
  • 利用していない(39.3%)

パソコンの利用場所(複数回答)

  • 自宅(92.4%)
  • 勤務先(51.8%)
  • インターネットカフェなど有料でパソコンを利用できるサービスを提供する施設(6.0%)
  • 学校(3.7%)

パソコンの利用目的(3つまで回答)※上位5項目

  • インターネット(89.0%)
  • ワープロソフトなどによる文書、手紙の作成(年賀状などのはがき作成を含む)(60.3%)
  • 表計算ソフトによる図表の作成、数値の集計など(32.5%)
  • ゲーム(17.8%)
  • DVDなどの映像ソフトの視聴(15.6%) 

パソコンを利用しない理由(3つまで回答)※上位5項目

  • 必要性を感じないから(51.8%)
  • 利用方法が難しそうだから(35.1%)
  • 購入費用が高いから(28.4%)
  • 興味がないから(26.4%)
  • きっかけがないから(21.1%)

インターネットの利用の有無

  • 利用している(60.2%)
  • 利用していない(39.2%)

インターネットの利用場所(複数回答)

  • 自宅(93.6%) 
  • 勤務先(44.6%)
  • インターネットカフェなど有料でインターネットを利用できるサービスを提供する施設(7.8%)
  • 学校(3.7%)

インターネットを利用する際に使用する機器(複数回答)※上位5項目

  • パソコン(93.9%)
  • 携帯電話(スマートフォン含む)(52.1%)
  • ゲーム機(5.6%)
  • タブレット型端末(3.8%)
  • インターネット機能付きテレビ(3.2%)

インターネットの利用目的(3つまで回答)※上位5項目

  • 趣味・教養(83.6%)
  • 生活上の利便(54.2%)
  • 仕事(44.0%)
  • 人との交流・情報交換(33.1%)
  • 生活に必要(18.6%)

インターネットでの利用頻度が高いサービス(3つまで回答)※上位5項目

  • 情報の検索・閲覧(90.1%)
  • 電子メールのやりとり(52.2%)
  • ネット通信販売の利用、各種チケット・宿泊などの予約・購入(36.8%)
  • 動画や音楽の視聴、ダウンロード購入(24.6%)
  • ネットオークションの利用(10.7%)

インターネットで今後利用したいサービス(3つまで回答)※上位5項目

  • 市役所などの行政機関への各種申請や申込書の入手(19.7%)
  • ネット通信販売の利用、各種チケット・宿泊などの予約・購入(13.0%)
  • ネットオークションの利用(12.6%)
  • 動画や音楽の視聴、ダウンロード購入(10.9%)
  • ネットバンキング・ネットトレードなどの金融・証券取引サービス(9.7%)

インターネットを利用しない理由(3つまで回答)※上位5項目

  • 必要性を感じないから(55.6%)
  • 興味がないから(35.0%)
  • 利用方法が難しそうだから(31.6%)
  • 機器の購入費用が高いから(24.7%)
  • プロバイダ料などの通信費用が高いから(23.4%)

インターネットを利用していない人の、インターネットの利用希望

  • 利用したくない(35.8%)
  • どちらかといえば利用したい(21.3%)
  • どちらかといえば利用したくない(20.5%)
  • 利用したい(9.0%)

インターネットを利用していない人の利用したいインターネットサービス(3つまで回答)※上位5項目

 

  • 情報の検索・閲覧(69.6%)
  • ネット通信販売の利用、各種チケット・宿泊などの予約・購入(40.7%)
  • 市役所などの行政機関への各種申請や申込書の入手 (27.0%)
  • 動画や音楽の視聴、ダウンロード購入(21.9%)
  • 電子メールのやりとり(14.1%)

札幌市の情報化施策のうち、知っているもの、聞いたことがあるもの(複数回答)※上位5項目

  • ホームページ(55.2%)
  • 公共交通ICカード「SAPICA(サピカ)」(45.9%)
  • 税の電子申告(37.8%)
  • 図書貸し出しの予約・検索システム(24.0%)
  • コールセンター(23.5%)

札幌市の情報化施策のうち、過去1年間で利用したことがあるもの(複数回答)※上位5項目

  • ホームページ(24.1%)
  • えきバスナビ(公共交通案内)(14.2%)
  • 公共交通ICカード「SAPICA(サピカ)」(9.8%)
  • 図書貸し出しの予約・検索システム(7.0%)
  • 申請書ダウンロードサービス(5.7%)

 

ページの先頭へ戻る

札幌市の情報化施策のうち、便利あるいは評価できると感じるもの(3つまで回答)※上位5項目

  • 各種申請・申告・届け出手続きの電子化(35.3%)
  • ホームページによる情報提供(30.4%)
  • 電子マネーによる公共料金・税などの支払い(13.6%)
  • 個人情報保護の強化(8.7%)
  • 公共施設でのIT講座の開催など、学習機会の提供(7.1%)

札幌市の情報化施策のうち、今後力を入れてほしいもの(3つまで回答)※上位5項目

  • 個人情報保護の強化(33.2%)
  • 各種申請・申告・届け出手続きの電子化(19.5%)
  • 子どもに対するIT教育の実施(安全・マナーなど)(17.9%)
  • ホームページによる情報提供(13.7%)
  • 公共施設でのIT講座の開催など、学習機会の提供(9.7%)

札幌市の行政情報の入手方法(3つまで回答)※上位5項目

  • 広報さっぽろ(80.7%)
  • 新聞、タウン誌(43.1%)
  • 回覧板(33.3%)
  • テレビ、ラジオ(29.6%)
  • ホームページ(15.9%)

札幌市のホームページから入手している情報の種類(3つまで回答)※上位5項目

  • イベント・催し(52.6%)
  • 公共施設(38.6%)
  • ごみ・リサイクル(34.9%)
  • 保険・医療(16.7%)
  • 公共交通(16.3%)

札幌市のホームページに対する評価(3つまで回答)※上位5項目

  • 情報を探すのに時間がかかる(42.3%)
  • 必要な情報を探しやすい(28.4%)
  • 欲しい情報が不足している(24.2%)
  • 情報内容が分かりづらい(21.4%)
  • デザインがよく見やすい(16.7%)

行政サービスの電子化について

  • 推進してもよいが、慎重に進めるべきである(39.3%)
  • 推進すべきである(22.9%)
  • わからない(20.5%)
  • 現状で十分である(13.6%)

行政サービスの電子化について前問でそのように回答した理由(3つまで回答)※上位5項目

  • 個人情報漏えいの不安があるから(37.4%)
  • 暮らしが便利になるから(36.3%)
  • IT(インターネットなど)を活用できる人とできない人との間で不公平が生じるから(27.3%)
  • 行政経費の削減につながるから(24.0%)
  • 紙使用量の削減により環境保全になるから(18.1%)

行政サービスの電子化で推進すべき分野(3つまで回答)※上位5項目

  • 各種手続き・申請(67.4%)
  • 税・保険料の納付(42.3%)
  • 公共施設利用料や手数料などの支払い(32.3%)
  • イベント申し込み(26.3%)
  • 交通運賃(13.4%)

情報化施策を進める上で札幌市が注意すべき点(3つまで回答)※上位5項目

  • 個人情報やプライバシーの権利を保護すること(68.9%)
  • 高齢者や障がい者など、ITを使いこなすことが難しい方にも配慮すること(63.3%)
  • インターネットを利用した詐欺などの犯罪発生を防ぐこと(37.8%)
  • 経済的な事情からITサービスを利用できない方に配慮すること(27.0%)
  • 経費がかかりすぎないようにすること(22.6%)

札幌市で実施予定の「さっぽろ地域IT活用支援事業」への参加意向

  • 関心がない(39.4%)
  • 講座の内容等によって参加するかどうか検討したい(38.3%)
  • 参加してみたい(7.6%)
  • 行政がこのような事業を行う必要はない(7.3%) 

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用有無

  • 利用していない(78.1%)
  • 利用している(15.1%)
  • 利用したことがあるが、今は利用していない(4.3%)

利用しているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の種類(複数回答)

  • mixi(ミクシィ)(71.7%)
  • Twitter(ツイッタ―)(50.2%)
  • GREE(グリー)(25.9%)
  • Facebook(フェイスブック)(19.0%) 

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用頻度

  • 毎日(71.7%)
  • 週に1~2回(19.5%)
  • 月に1~2回(6.3%)
  • 年に1~2回(1.5%)

 

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用しない理由(複数回答)※上位5項目

  • 必要性を感じないから(61.0%)
  • 興味がないから(50.9%)
  • 個人情報の漏えいなどの安全面で不安があるから(22.0%)
  • きっかけがないから(21.8%)
  • 利用方法が難しそうだから(19.4%)

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用しなくなった理由(複数回答)※上位5項目

  • 面倒くさくなったから(63.8%)
  • 必要性を感じなかったから(62.1%)
  • 興味を感じなかったから(25.9%)
  • 面白くなかったから(19.0%)
  • 個人情報の漏えいなどの安全面で不安があったから(15.5%)

 

ページの先頭へ戻る

毎年調査している項目

郷土意識について

札幌の街が好きか

※「好き」、「どちらかといえば好き」は、32年連続して90%以上

好き・どちらかといえば好き 97.3% 昨年度93.9%
嫌い・どちらかといえば嫌い 1.6% 昨年度1.8%

札幌が好きな理由(2つまで回答)

緑が多く自然が豊かだから 35.8% 昨年度35.8%
四季の変化がはっきりしていて、季節感があるから 32.2% 昨年度31.4%
地下鉄やJRなど公共交通機関が整備されているから 27.2% 昨年度27.0%

現在住んでいる地域にこれからも住み続けたいか

現在住んでいる地域にこれからも住み続けたい 72.8% 昨年度69.9%
札幌市内に住み続けたいが、現在住んでいる地域には住み続けたいとは思わない 14.7% 昨年度15.3%
札幌市内に住み続けたいとは思わない  2.6% 昨年度3.0%

 

ページの先頭へ戻る

市民自治・行財政改革

市民自治

まちづくりへの参加意向
できるだけ幅広く参加したい

6.9%

昨年度7.4%

自分に関心のある分野について参加したい 21.5% 昨年度21.2%
自分の住んでいる地域について参加したい 16.9% 昨年度15.9%
自分自身の生活に影響があると思われる場合は参加したい 24.8% 昨年度24.6%
参加したい合計 70.1% 昨年度69.1%
特に参加したいとは思わない 27.6% 昨年度28.4%

まちづくりへの関与(複数回答)
新聞や広報さっぽろなどで、まちづくりに関する情報に目を通している 62.8% 昨年度58.4%
町内会やまちづくりセンターなどで実施する地域の活動に参加する 15.8% 昨年度13.7%
ホームページなどインターネットからまちづくりに関する情報に目を通している 6.6% 昨年度5.5%
市役所や区役所、民間団体などが実施する講演会や行事に参加する 5.2% 昨年度3.6%
ボランティアやNPOなどの市民活動に参加する 3.7% 昨年度3.1%
市役所や区役所などに意見をいう 1.5% 昨年度1.2%
参加したり情報に目を通すことはなく、特に何もしていない 25.4% 昨年度31.4%

行財政改革

行財政改革に対する評価
評価する・どちらかといえば、評価する 55.2% 昨年度52.8%
評価しない・どちらかといえば、評価しない 34.2% 昨年度38.1%

行財政改革について、札幌市がよくやっていると思うもの(3つまで回答)※上位5項目
市民対応や接客態度を親切・丁寧なものとする 21.4% 新規設問
市民と対話し、共に考えていく 15.3% 新規設問
市民の生活感覚を意識する 11.9% 新規設問
公平さ・公正さを大事にする 11.2% 新規設問
正確かつ迅速に仕事を進める 11.0% 新規設問

行財政改革を進める上で重要と思うこと(3つまで回答)※上位5項目
税金を使っているというコスト意識を高める 45.9% 昨年度63.3%
前例にとらわれず柔軟に対応する 29.1% 昨年度46.4%
市民の生活感覚を意識する 27.4% 昨年度34.2%
公平さ・公正さを大事にする 24.0% 昨年度20.8%
正確かつ迅速に仕事を進める 22.3% 昨年度18.3%

市職員の仕事への取り組み方の評価
よくやっている・どちらかといえばよくやっている・特に不満はない 57.2% 昨年度52.5%
不満である・どちらかといえば、不満である 19.2% 昨年度25.7%
どちらとも言えない 20.9% 昨年度19.2%

 

ページの先頭へ戻る

市政に対する評価と要望

よくやっていると思うもの(3つまで回答)

順位 今年度 昨年度
1位 ごみや資源回収のこと(48.7%) ごみや資源回収のこと(56.0%)
2位 公共交通の便利さを進める事業(17.9%) 除雪に関すること(21.3%)
3位 除雪に関すること(16.2%) 公共交通の便利さを進める事業(16.6%)
4位 公園や緑地など「みどり」の事業(14.8%) 公園や緑地など「みどり」の事業(14.6%)
5位 住宅・まちづくりに関すること(10.3%) 住宅・まちづくりに関すること(9.5%)

力を入れてほしいと思うもの(3つまで回答)

順位 今年度 昨年度
1位 除雪に関すること(39.4%) 除雪に関すること(31.3%)
2位 高齢者福祉に関すること(22.1%) 高齢者福祉に関すること(21.9%)
犯罪のない安全で安心なまちづくり(21.9%)
3位 ごみや資源回収のこと(18.2%)  ―
4位 犯罪のない安全で安心なまちづくり(17.7%) 公共交通の便利さを進める事業(15.3%)
5位

公共交通の便利さを進める事業(17.6%)

産業や経済の振興、雇用の推進に関すること(17.6%)

子どもの教育に関する事業(13.3%)

 

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部市民の声を聞く課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎1階

電話番号:011-211-2042

ファクス番号:011-218-5165