ここから本文です。

更新日:2014年6月12日

札幌国際大学観光学部からの提言に対する検討結果

札幌市民が気づかない札幌の魅力

 札幌市民が気づかない札幌の魅力発信のために、タクシーツアープランを考案してはどうだろうか。

  1. 市民の気づいていない魅力プラン
  2. 札幌市内選択式プラン
  3. 観光初級者が満足するまちづくりを

市民の気づいていない魅力プラン

 札幌の道路は広さ、景観、清潔さなど観光客を感動させるほどの潜在的な「観光資源」「観光地」である。こうした札幌市民が気づかないポイントを今後のまちづくりに生かしてほしい。

札幌市内選択式プラン

 「札幌市への観光=北海道への観光」と結びつける観光客が多いため、札幌市内を観光するにあたっても短時間で「北海道らしさ」を感じさせることが必要である。

観光初級者が満足するまちづくりを

 「札幌市=北海道」であることを念頭に、北海道の魅力を札幌市内で味わえるまちづくりが必要である。 

提言に対する検討結果

 札幌市では、平成24年10月に策定した「魅力都市シティプロモート戦略」の考えを踏まえ、今後10年間の観光施策の方向性を示した「札幌市観光まちづくりプラン」を平成26年3月に策定しました。その中では、「観光まちづくり」という考え方を計画の中心に据え、観光推進と地域のまちづくりを一体的に推進していくことを目指しており、その実現には、「札幌市民が札幌ならではの魅力を探し、知り、楽しむこと」「札幌市民が札幌の魅力を提供し、情報を発信していくこと」「来訪者が札幌の魅力の情報に触れ、楽しむこと」の3つのステップを展開していく必要があると考えています。

 今回、ご提案をいただいた「潜在的な観光資源をまちづくりに生かす」などの内容は、上記プランの考えと合致するものであり、札幌市としてもご提言の趣旨に沿った取組を積極的に検討してまいります。

 なお、提言書手交式の際にご提案いただいた「タクシーツアープラン」については、これまでも「おもてなしタクシー(実施主体:北海道観光おもてなしタクシー乗務員認定機構)」の取組の中で、北海道ならではの定番の観光コースを巡る「札幌市内モデルコース」や、利用者ごとの希望に合わせた観光スポットを巡る「自由気ままにフリープランコース」といったメニューを揃えているところですが、今後は、ご提案のプランも参考にしながら、メニューの充実に向けた提案を含め関係団体等と連携を図ってまいります。

【検討した担当部:市長政策室政策企画部】

 

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部市民の声を聞く課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎1階

電話番号:011-211-2042

ファクス番号:011-218-5165