ここから本文です。

更新日:2016年2月15日

平成18年度 市政世論調査結果

調査の概要

調査対象者 層化2段無作為抽出法で選んだ札幌市全域の20歳以上の男女1,500人
調査方法 個別訪問質問紙留置法
調査期間 平成18年(2006年)7月31日(月曜日)~8月29日(火曜日)
回収数(率) 1,216件(81.1%)

 

ページの先頭へ戻る

 地域コミュニティ(平成18年度テーマ)

ご近所との付き合い方について

ご近所とのお付き合いの人数

  • 概ね5~19人(36.3%)
  • 概ね4人以下(35.9%)
  • 誰とも付き合いがない(20.9%)

ご近所とのお付き合いの頻度

  • 週1回~月に数回程度(29.5%)
  • 月に1回~年に数回程度(27.7%)
  • 毎日~週に数回程度(14.6%)
  • 全くない(21.4%)

ご近所とのお付き合いの親密度

  • 立ち話をする程度の付き合いをする人がいる(37.3%)
  • あいさつ程度の付き合いをする人がいる(31.6%)
  • 生活面で協力し合う人がいる(17.1%)

ご近所とのお付き合いの変化(現在の住居に住み始めた頃からの変化について)

「そう思う」=「そう思う」と「どちらかといえばそう思う」の合計
「そう思わない」=「そう思わない」と「どちらかといえばそう思わない」の合計

付き合う人が多くなった
  • そう思う(35.0%)
  • 変わらない(39.2%)
  • そう思わない(25.8%)
頻繁に付き合うようになった
  • そう思う(18.5%)
  • 変わらない(41.9%)
  • そう思わない(39.6%)
親密に付き合うようになった
  • そう思う(15.5%)
  • 変わらない(40.2%)
  • そう思わない(44.3%)

ご近所とのお付き合いについての今後の希望

「そう思う」=「そう思う」と「どちらかといえばそう思う」の合計
「そう思わない」=「そう思わない」と「どちらかといえばそう思わない」の合計

付き合う人が多くなった
  • そう思う(42.6%)
  • 変わらない(33.6%)
  • そう思わない(23.8%)
頻繁に付き合いたい
  • そう思う(20.7%)
  • 変わらない(39.9%)
  • そう思わない(39.4%)
親密な付き合いをしたい
  • そう思う(19.8%)
  • 変わらない(36.9%)
  • そう思わない(43.4%)

 

ページの先頭へ戻る

コミュニティ組織(町内会等)の活動

コミュニティ活動の現状

  • ある程度盛んに行われていると思う(52.5%)
  • あまり盛んに行われていないと思う(30.6%)
  • ほとんど行われていないと思う(9.0%)

コミュニティ活動への参加

  • 活動に参加したいと思わない(45.8%)
  • 活動に参加したいと思う(32.0%)
  • すでに参加している(20.1%)

コミュニティ活動への参加理由(複数回答)(コミュニティ活動にすでに参加している、参加したいと思う方に対して)

  • 地域に貢献したいから(42.8%)
  • 色々な年代の人と関わりたいから(41.4%)
  • 地域の情報を得たいから(39.0%)

コミュニティ活動へ参加して良かったと思う理由(複数回答)(すでに参加しているという方に対して)

  • 地域に貢献できた(54.1%)
  • 地域の仕組みや問題がわかった(45.9%)
  • 知人・友人ができ、人脈が広がった(41.8%)

コミュニティ活動参加の条件(複数回答)(活動に参加したいと思う方、活動に参加したいと思わない方に対して)

  • 活動時間があること(42.9%)
  • 魅力的な活動内容があること(37.4%)
  • 活動への個人の責任が重くならないこと(34.6%)

関心のあるコミュニティ活動

「関心がある」=「すでに活動している」と「非常に関心がある」と「どちらかといえば関心がある」の合計
「関心がない」=「どちらかというと関心がない」と「ほとんど関心がない」の合計

除雪に関する活動
  • 関心がある(72.2%)
  • 関心がない(23.9%)
交通安全や防犯パトロールなど地域の安全を守る活動
  • 関心がある(77.8%)
  • 関心がない(22.3%)
災害の予防や災害時の対策についての活動
  • 関心がある(80.7%)
  • 関心がない(19.3%)
地域の清掃やリサイクルなど地域の環境美化活動
  • 関心がある(74.7%)
  • 関心がない(25.2%)
パソコン教室や生涯学習など教育・学習活動
  • 関心がある(53.0%)
  • 関心がない(46.9%)
子どものしつけや教育、乳幼児保育など子育て活動
  • 関心がある(57.9%)
  • 関心がない(42.1%)
高齢者・障害者への支援など保健福祉活動
  • 関心がある(74.9%)
  • 関心がない(25.0%)
祭りや伝統芸能などの維持・保存活動
  • 関心がある(55.9%)
  • 関心がない(44.1%)
音楽、演劇など文化芸術や、スポーツの振興を図る活動
  • 関心がある(61.4%)
  • 関心がない(38.6%)
男女差別の解消やストーカー被害対策など男女共同参画社会の推進活動
  • 関心がある(53.4%)
  • 関心がない(46.5%)
海外被災地の物資支援など、国際協力活動
  • 関心がある(50.7%)
  • 関心がない(49.3%)
組織(町内会等)内のメンバーとの交流を図る活動
  • 関心がある(44.9%)
  • 関心がない(55.1%)
他の組織(町内会等)との交流を図る活動
  • 関心がある(31.8%)
  • 関心がない(68.2%)
商店街の活性化活動
  • 関心がある(39.4%)
  • 関心がない(60.6%)
行政機関・議会に対する要望等
  • 関心がある(50.9%)
  • 関心がない(49.1%)
都市計画や公共施設の計画等、行政の計画策定への参加
  • 関心がある(46.9%)
  • 関心がない(53.2%)

コミュニティ活動に関する情報源(複数回答)

  • 市の広報誌(78.8%)
  • テレビ、ラジオ、新聞(37.5%)
  • 家族や友人知人から(23.8%)
  • まちづくりセンターなどの市の施設にある掲示板やチラシ、パンフレット(19.2%)

コミュニティ活動の場

「使用したい」=「使用している」と「使用したい」と「どちらかといえば使用したい」の合計
「使用したくない」=「使用したくない」と「どちらかというと使用したくない」の合計

区民センター、コミュニティセンター、地区センター
  • 使用したい(82.1%)
  • 使用したくない(17.9%)
まちづくりセンター
  • 使用したい(70.0%)
  • 使用したくない(30.0%)
地区会館、市民集会施設(町内会館など)
  • 使用したい(75.6%)
  • 使用したくない(24.3%)
学校
  • 使用したい(61.7%)
  • 使用したくない(38.3%)
個人の住宅
  • 使用したい(13.4%)
  • 使用したくない(86.5%)

コミュニティ活動活性化の条件(複数回答)

  • 活動に参加しやすい組織にすること(62.0%)
  • 活動日を参加しやすい曜日、時間にすること(40.3%)
  • 活動に必要な情報の充実(27.1%)

コミュニティ活動活性化のための、市の施策(複数回答)

  • 活動に必要な情報の収集と提供(47.0%)
  • 活動資金の援助(44.2%)
  • 広報誌への活動情報掲載など活動のPR(41.8%)

地域コミュニティの公共性(地域が必要とする公共の役割の一端を、地域コミュニティが担っていくことについて)

  • 必要である、どちらかといえば必要である(92.9%)
  • 必要ない、どちらかといえば必要ない(5.0%)

地域コミュニティ活動の活性化

  • 盛んになるべきである、どちらかといえば盛んになるべきである(70.9%)
  • 今のままで良い(24.2%)
  • 盛んになるべきでない、どちらかといえば盛んになるべきでない(2.7%)

 

ページの先頭へ戻る

町内会

町内会への加入

  • 加入している(83.5%)
  • 加入していない(15.3%)

町内会活動への参加頻度(町内会に加入しているという方に対して)

  • 月に1回~年に数回程度(36.5%)
  • 年に1回以下(23.7%)
  • 週1回~月に数回程度(6.3%)
  • 全くない(30.9%)

町内会に参加しない理由(複数回答)(町内会に加入していないという方に対して)

  • 加入するきっかけがないから(42.5%)
  • 現状で日常生活に支障がないと思うから(34.4%)
  • 加入の仕方がわからないから(20.4%)

 

ページの先頭へ戻る

市民憲章

市民憲章の認知度

  • 「多少は、知っている(40.0%)、知っている(19.6%)」を合わせた「知っている」人(83.5%)
  • 知らない(38.7%)

市民憲章を知った理由(複数回答)(市民憲章を知っているという方に対して)

  • 地下鉄や区役所、学校などに設置している市民憲章坂(58.7%)
  • 町内会などからのお知らせ、回覧(34.0%)
  • ポスター、チラシ(22.9%)

「まちづくり」実現への参加意志

  • 自分で何かをしたい(45.5%)
  • わからない(40.0%)
  • 自分で何かをしたいと思わない(10.3%)

市民憲章の普及啓発事業として、力を入れるべき分野

  • 安心・安全、暴力追放、迷惑防止(22.8%)
  • 高齢者福祉、障害者福祉(17.8%)
  • からだと心の健康づくり(13.2%)

市民憲章推進への行政の関与

  • 積極的に関わるべきである、どちらかといえば関わるべきである(81.6%)
  • 関わる必要はない、どちらかといえば関わらなくてもよい(13.2%)

 

ページの先頭へ戻る 

毎年調査している項目

郷土意識

札幌の街が好きか

※「好き」、「どちらかといえば好き」は、27年連続して90%以上

好き・どちらかといえば好き 96.6% 昨年度97.3%
嫌い・どちらかといえば嫌い 2.6% 昨年度2.7%

札幌が好きな理由は(複数回答)

緑が多く自然が豊かだから 33.3% 昨年度33.9%
四季の変化がはっきりしていて、季節感があるから 29.1% 昨年度35.3%
官庁や学校、企業やデパート、病院が集中していて便利だから 26.4% 昨年度25.8%

現在住んでいる地域にこれからも住み続けたいか

現在住んでいる地域にこれからも住み続けたい 74.3% 昨年度73.9%
札幌市内に住み続けたいが、現在住んでいる地域には住み続けたいとは思わない 13.3% 昨年度15.9%
札幌市内に住み続けたいとは思わない 3.5% 昨年度3.0%

 

ページの先頭へ戻る

市民自治・行財政改革

市民自治

まちづくりに参加したいか否か
できるだけ幅広く参加したい 8.0%
自分に関心のある分野について参加したい 29.1%
自分の住んでいる地域について参加したい 22.5%
自分自身の生活に影響があると思われる場合は参加したい 22.9%
参加したい合計 82.5%
特に参加したいとは思わない 15.4%
まちづくりに、どのように関わっているか(複数回答)
新聞や広報さっぽろなどで、まちづくりに関する情報に目を通している 62.3%
町内会やまちづくりセンターなどで実施する、地域の活動に参加する 17.4%
市役所や区役所、民間団体などが実施する講演会や行事に参加する 5.7%
ボランティアやNPOなどの市民活動に参加する 4.4%
参加したり情報に目を通すことはなく、特に何もしていない 24.0%

行財政改革

行財政改革の取り組みについて、どのように感じているか
評価する、どちらかといえば評価する 53.7%
評価しない、どちらかといえば評価しない 38.6%
行財政改革に関することについて、「積極的に進めてほしい」と思うこと(複数回答)
職員数、管理職ポスト数の見直し 47.9%
道路・公園・施設建設などの公共事業の見直し 29.4%
民間委託や民営化などの民間活力の導入 27.6%
職員の対応や接遇の向上 26.4%
公共施設の利便性の向上 25.7%
市職員の仕事への取り組みで重要なこと(複数回答)
税金を使っているというコスト意識を高める 63.2%
前例にとらわれず柔軟に対応する 43.8%
責任感と意欲を持って仕事を進める 33.8%
市民対応や接客態度を親切・丁寧なものとする 32.5%
市民の生活感覚を意識する 31.7%
市職員の仕事ぶりをどのように感じているか
よくやっている、どちらかといえばよくやっている、特に不満はない 49.9%
不満である、どちらかといえば不満である 34.1%
どちらとも言えない 13.6%

 

ページの先頭へ戻る

 市政に対する評価と要望

よくやっていると思うもの(複数回答)

※昨年度6位住宅・まちづくりに関すること(9.2%)

順位 今年度 昨年度
1位 ごみや資源回収のこと(45.9%) ごみや資源回収のこと(40.3%)
2位 除雪に関すること(25.0%) 除雪に関すること(25.9%)
3位 公共交通の便利さを進める事業(19.5%) 公園や緑地など「みどり」の事業(21.6%)
4位 公園や緑地など「みどり」の事業(19.4%) 公共交通の便利さを進める事業(17.3%)
5位 住宅・まちづくりに関すること(10.9%) 道路の整備に関すること(10.0%)

力を入れてほしいと思うもの(複数回答)

順位 今年度 昨年度
1位 除雪に関すること(45.1%) 除雪に関すること(37.7%)
2位 高齢者福祉に関すること(25.9%) 高齢者福祉に関すること(20.4%)
3位 ごみや資源回収のこと(19.7%) ごみや資源回収のこと(16.8%)
公共交通の便利さを進める事業(16.8%)
4位 地震・火災・水害などの防災対策(16.0%)
5位 公共交通の便利さを進める事業(15.9%) 地震・火災・水害などの防災対策(13.4%)

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部市民の声を聞く課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎1階

電話番号:011-211-2042

ファクス番号:011-218-5165