ここから本文です。

更新日:2016年2月15日

平成17年度 市政世論調査結果

調査の概要

調査対象者

層化2段無作為抽出法で選んだ札幌市全域の20歳以上の男女1,500人

調査方法

個別訪問質問紙留置法

調査期間

平成17年(2005年)7月28日(木曜日)~8月12日(金曜日)

回収数(率)

1,295件(86.3%)

 

ページの先頭へ戻る

生涯学習・スポーツ(平成17年度テーマ)

生涯学習について

「生涯学習」という言葉のイメージ(複数回答)

  • 生活を楽しみ、心を豊かにする活動をすること(48.7%)
  • 趣味・教養を高めること(47.0%)
  • 幼年期から高齢期まで、生涯を通じて学ぶこと(44.5%)

現在行っている生涯学習の分野(複数回答)

  • 健康・スポーツに関すること(29.7%)
  • 職業上必要な知識・技能の習得や、資格を取得すること(15.4%)
  • 芸術・工芸・芸能・音楽に関すること(14.2%)
  • 「していない」は41.4%

生涯学習と結び付けた媒体(複数回答)(生涯学習を行っているという方に対して)

  • 新聞・雑誌・情報誌の記事や広告(47.4%)
  • 知人や近所の人からの口コミ(30.7%)
  • 「広報さっぽろ」など、公共機関の広報誌(27.4%)
  • テレビ・ラジオ(19.1%)

生涯学習の方法(複数回答)(生涯学習を行っているという方に対して)

  • 新聞・雑誌・専門書などの出版物(47.9%)
  • グループ・サークル・クラブなど(32.5%)
  • テレビ・ラジオなどの教育番組(24.5%)

生涯学習の目的(複数回答)(生涯学習を行っているという方に対して)

  • 趣味や楽しみのため(52.3%)
  • 生きがいや自己実現のため(36.4%)
  • 知識や教養を高めるため(28.6%)

現在の学習環境に対する満足度(生涯学習を行っているという方に対して)

  • 満足している(65.7%)
  • 満足していない(29.3%)

現在の学習環境に満足していない理由(複数回答)

  • 費用がかかりすぎる(32.5%)
  • 学習や活動時間の不足(31.6%)
  • 身近に学習や活動できる場が少ない(29.7%)

現在生涯学習を行っていない理由(生涯学習を行っていないという方に対して)

  • 時間的に余裕がない(55.6%)
  • 費用がかかる(12.9%)
  • 興味がない(12.3%)

今後行いたい生涯学習の分野(複数回答)

  • 健康・スポーツに関すること(52.6%)
  • 芸術・工芸・芸能・音楽に関すること(29.4%)
  • 職業上必要な知識・技能の習得や、資格を取得すること(23.9%)

学習成果の活用意向(複数回答)(今後学びたいという方に対して)

  • 自分の人生をより豊かにしたい(64.9%)
  • 自分の健康維持、増進に役立てたい(47.7%)
  • 日常生活に生かしたい(43.0%)

生涯学習を行う環境に対する意向(複数回答)

  • 身近な場所での講座や活動機会の充実(50.5%)
  • 受講しやすい時間帯の講座の充実(35.6%)
  • 生涯学習に関する情報提供の充実(31.6%)

市が行うべき生涯学習に関する市民の意向(複数回答)

  • 生涯学習の場(施設など)の整備(21.9%)
  • 趣味・教養から資格取得まで、幅広い学習機会の提供(21.9%)
  • 生涯にわたって学習する意欲を育てる学校教育の充実(16.5%)

 

ページの先頭へ戻る

 スポーツへの取り組みについて

スポーツの活動状況(複数回答)

  • ウォーキング、散歩(41.0%)
  • ボウリング(18.1%)
  • パークゴルフ(16.3%)
  • キャンプ、海水浴(12.7%)
  • ゴルフ(11.4%)
  • スポーツを行わなかった(24.6%)

1年間のスポーツ活動日数(スポーツを行ったという方に対して)

  • 年12~50日(月1~3回程度)(30.0%)
  • 年12日未満(月1回未満)(26.6%)
  • 年51~150日(週1~2回程度)(24.9%)
  • 年151日以上(週3回以上)(17.0%)

スポーツを行った理由(複数回答)(スポーツを行ったという方に対して)

  • 楽しみ・充実感を得るため(60.9%)
  • 健康増進や美容のため(54.0%)
  • 気晴らしや息抜きのため(47.3%)

スポーツを行った場所(複数回答)(スポーツを行ったという方に対して)

  • 民間のスポーツ施設(46.9%)
  • 公園や広場(42.4%)
  • 野外(32.4%)

スポーツを行った場所(複数回答)(スポーツを行ったという方に対して)

  • 行いたいスポーツがすべてできた(15.1%)
  • スキー(9.7%)
  • キャンプ、海水浴(9.5%)
  • 水泳(9.0%)
  • 登山、ハイキング(8.2%)

スポーツをできなかった理由(複数回答)(できなかったスポーツがあるという方に対して)

  • 忙しくて時間がなかったため(60.9%)
  • 金銭的な負担が大きいため(22.5%)
  • 一緒にやる仲間がいなかったため(21.0%)

直接のスポーツ観戦

  • プロ野球(32.6%)
  • プロサッカー(10.5%)
  • マラソン(9.9%)
  • 直接には何も観戦しなかった(51.6%)

スポーツボランティアの経験(複数回答)

  • イベント・大会の運営やお手伝い(3.8%)
  • スポーツの指導(3.1%)
  • サークル、クラブ活動の運営やお手伝い(2.7%)
  • したことがない(83.8%)

ノルディックスキー世界選手権札幌大会の認知

  • 大会が札幌市で開催されることを知っている(24.8%)
  • 大会は聞いたことがあるが、札幌市で開催されることは知らなかった(35.7%)
  • 大会のことも知らないし、札幌市で開催されることも知らなかった(36.4%)

ノルディックスキー世界選手権札幌大会の認知媒体(複数回答)(札幌市で開催されることを知っているという方に対して)

  • 新聞(60.1%)
  • テレビ(45.8%)
  • 広報さっぽろ(27.1%)

ノルディックスキー世界選手権札幌大会の見たいと思う種目(複数回答)

  • ジャンプ競技(43.9%)
  • ノルディック複合(19.6%)
  • 開会式(札幌ドーム)(14.9%)
  • クロスカントリー(10.4%)
  • 特に見たいと思わない(35.6%)

競技会場に行ってみたいと思うか否か(大会を見たいという方に対して)

  • 「ぜひ行ってみたいと思う」(9.3%)と「できれば行ってみたいと思う」(51.2%)あわせ、「行ってみたい」という人は60.5%
  • 行ってみたいとは思わない(22.9%)
  • わからない(14.7%)

ノルディックスキー世界選手権札幌大会を見たいと思わない理由(複数回答)

  • 興味がないから(51.6%)
  • 会場まで行かなくてもテレビで見られるから(39.8%)
  • 寒いから(32.8%)

 

ページの先頭へ戻る

毎年調査している項目

郷土意識

札幌の街が好きか

※「好き」、「どちらかといえば好き」は、26年連続して90%以上

好き・どちらかといえば好き 97.3% 昨年度97.5%
嫌い・どちらかといえば嫌い 2.7% 昨年度2.4%

札幌が好きな理由は(複数回答)

四季の変化がはっきりしていて、季節感があるから 35.3% 昨年度34.4%
緑が多く自然が豊かだから 33.9% 昨年度30.4%
官庁や学校、企業やデパート、病院が集中していて便利だから 25.8% 昨年度26.4%

現在住んでいる地域にこれからも住み続けたいか

現在住んでいる地域にこれからも住み続けたい 73.9% 昨年度71.8%
札幌市内に住み続けたいが、現在住んでいる地域には住み続けたいとは思わない 15.9% 昨年度16.5%
札幌市内に住み続けたいとは思わない 3.0% 昨年度2.6%

 

市民自治・市役所改革

まちづくりに関して、とっている行動は

特に何もしていない 59.8% 昨年度54.7%
まちづくりに関する情報に目を通している 33.3% 昨年度37.2%
地域活動や市民活動に取り組んでいる 4.5% 昨年度4.2%
行政に意見は述べるが、それ以外は行動していない 1.2% 昨年度1.8%
講演会や行事に参加している 0.6% 昨年度1.7%

市職員の仕事ぶりをどのように感じているか

不満・どちらかといえば不満 38.4% 昨年度46.0%
満足・どちらかといえば満足 22.6% 昨年度27.4%
わからない 39.1% 昨年度26.7%

市職員の仕事への取り組み方がどうあれば満足できるか(複数回答)

税金を使っているというコスト意識を高める 69.2% 昨年度73.2%
市民応対や接客態度を親切・丁寧なものとする 45.3% 昨年度44.9%
前例にとらわれず柔軟に対応する 41.0% 昨年度43.3%

 

ページの先頭へ戻る

市政に対する評価と要望

よくやっていると思うもの(複数回答)

順位 今年度 昨年度
1位 ごみや資源回収のこと(40.3%) ごみや資源回収のこと(46.3%)
2位 除雪に関すること(25.9%) 除雪に関すること(29.4%)
3位 公園や緑地など「みどり」の事業(21.6%) 公園や緑地など「みどり」の事業(23.3%)
4位 公共交通の便利さを進める事業(17.3%) 道路の整備に関すること(19.0%)
5位 道路の整備に関すること(10.0%) 公共交通の便利さを進める事業(17.8%)

力を入れてほしいと思うもの(複数回答)

※昨年度7位ごみや資源回収のこと(14.1%)

順位 今年度 昨年度
1位 除雪に関すること(37.7%) 除雪に関すること(37.7%)
2位 高齢者福祉に関すること(20.4%) 高齢者福祉に関すること(28.0%)
3位 ごみや資源回収のこと(16.8%) 地震・火災・水害などの防災対策(20.2%)
公共交通の便利さを進める事業(16.8%) 公共交通の便利さを進める事業(20.1%)
5位 地震・火災・水害などの防災対策(13.4%) 子どもの教育に関する事業(15.7%)

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部市民の声を聞く課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎1階

電話番号:011-211-2042

ファクス番号:011-218-5165