ここから本文です。

更新日:2017年7月31日

個人情報保護法について

個人情報の保護に関する法律とは

 個人情報保護の基本理念や個人情報取扱事業者(営利・非営利の別を問わず、個人情報をデータベース化して事業活動に利用している者)が守るべき個人情報の取扱いのルール等を定めたものです。

 この法律は、情報化の急速な進展により個人の権利利益の侵害の危険性が高まったこと、国際的な法制定の動向を受けて、個人情報の有用性に配慮しつつ個人の権利利益を保護することを目的に平成17年4月に全面施行されました。

 その後、情報通信技術の発展や事業活動のグローバル化等の急速な環境変化により、個人情報保護法が制定された当初は想定されなかったようなパーソナルデータの利活用が可能となったことを踏まえ、「定義の明確化」「個人情報の適正な活用・流通の確保」「グローバル化への対応」等を目的として、平成27年9月に改正個人情報保護法が公布、平成29年5月30日に全面施行されました。

個人情報取扱事業者の守るべきルール

 個人情報取扱事業者の守るべきルールとして以下の内容が規定されています。

  1. 個人情報の利用目的の特定、目的外利用の禁止
  2. 適正な取得、取得時の利用目的の通知等
  3. 個人データ内容の正確性の確保
  4. 安全管理措置
  5. 従業者・委託先の監督
  6. 第三者提供の制限
  7. 利用目的等の公表、開示、訂正、利用停止等
  8. 苦情の処理

事業者の個人情報の取扱いについての苦情処理

 事業者の個人情報の不適切な取扱いに対する苦情等については、個人情報保護法において、事業者は個人情報の取扱いに関する苦情の適切かつ迅速な処理に努めなければならないこととされており、事業者自身の取組みによる解決が基本となっています。そのため、まずはその事業者の苦情受付窓口に問い合わせるという方法が考えられます。

 また、当該事業者が認定個人情報保護団体(個人情報の適正な取扱いの確保のために苦情処理等を行う第三者機関として国が認定した団体)の対象事業者である場合は、当該団体の苦情受付窓口に問い合わせるという方法も考えられます。その他、事業者に対する監督権限を有し、必要に応じて指導や助言等を行うことがてきる個人情報保護委員会に相談等を行うことができます。

※ 制度の詳細については、個人情報保護委員会のホームページをご覧ください。


 

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局行政部行政情報課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎2階

電話番号:011-211-2132

ファクス番号:011-218-5166