ここから本文です。

更新日:2017年4月13日

さわやかノーカーデー

さわやかノーカーデー

さわやかノーカーデーとは

一人一人が車の使用を控えることによって、都心の交通混雑や排気ガスによる大気汚染等を改善するため、札幌市では、毎月5日と20日を、できる限り車の使用を控える日とし、その日を「さわやかノーカーデー」と定めています。

環境にやさしい生活

家庭からの二酸化炭素排出量現在、地球温暖化の原因の一つとして、自動車から排出された二酸化炭素(CO₂)が大きな問題になっています。

左のグラフのように、日常生活においてCO₂を排出するのは、自動車(ガソリン)だけではありません。でも排出量を減らそうと思った時、何が一番簡単で効果的でしょうか。

CO₂の排出量を自動車と電気で比較すると

自動車で20kmを走行=一般家庭照明30~60日間となり、自動車利用の工夫は、電気の節約よりもCO₂の削減に、非常に大きな効果があるのです。

また、自動車には、CO₂のの外にも、排気ガスによる大気汚染や交通事故などさまざまな問題があります。環境のため、車の使い方についてもう一度考えて見ませんか?

※データ:JCCCAより参照

 

pagetopページの先頭へ


このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局総合交通計画部都市交通課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011-211-2492

ファクス番号:011-218-5114