ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉・介護 > 障がい福祉 > 事業者のみなさまへ > 障害福祉サービス事業所等の職員を対象とした定期的なスクリーニング検査の実施について

ここから本文です。

更新日:2021年9月27日

障害福祉サービス事業所等の職員を対象とした定期的なスクリーニング検査の実施について

本市では、障害福祉サービス事業所等において、陽性者を早期発見し、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、職員を対象とした定期的なスクリーニング検査を実施しております。

令和3年9月までは抗原定性検査により検査を実施していたところですが、10月からは、保健所の判断により、唾液による検体採取が可能であり、複数の検体を効率的に検査できる「PCR検査(検体プール検査法)」による検査の実施を検討しております。

なお、現時点においては、札幌市の予算措置が不確定であることから、検査を実施しない可能性もございますのであらかじめご承知おき願います。

※概ね2週間に1回、検査機関が指定する検体回収日までに対象職員の検体を回収し、提出できることが申込の要件となります。原則として検体回収日の変更はできませんのでご注意ください。

1 事業概要

(1) 対象事業所

以下のいずれかの市内障害福祉サービス事業所等

(ア) 障害者支援施設、障害児入所施設、共同生活援助、宿泊型自立訓練、福祉ホーム

(イ) 重症心身障がい児者(※1)又は医療的ケアを必要とする障がい児者(※2)の受入れを行っている市内生活介護、短期入所、児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス事業所

※1 児童相談所への照会の結果、重症心身障がい児と判断された者又は以下の要件のいずれにも該当する者。

・療育手帳Aを所持する者(重度又は最重度の知的障がいに限る。)。ただし、中度の知的障がいと身体障害者手帳3級以上の合算で療育手帳Aである場合は対象外。

・下肢、体幹又は運動機能障害(移動機能)の障害程度等級が2級以上である身体障害者手帳を所持する者。

※2 下表に定める医療行為を1以上必要とする障がい児者。

1

人工呼吸器の管理

6

導尿

2

気管切開部の処置

7

点滴の管理

3

たん吸引

8

浣腸

4

経管栄養

9

摘便

5

中心静脈栄養    

 

(2) 対象職員

事業所職員(利用者は対象外

※常勤・非常勤など勤務形態や、調理・清掃など職種は問わない。また、事業所併設の他サービスを提供する事業所等の職員も含む。

※既に札幌市が実施するスクリーニング検査に申し込み済みの職員は対象外となります。

 

 

(3) 検査の実施時期

令和3年10月から12月(予定)

※令和4年1月以降の実施については、感染状況等を踏まえ検討を行い、改めてご連絡いたします。

 

(4) 検査頻度

概ね2週間に1回

 

(5) 検査方法

唾液を用いたPCR検査(検体プール検査法※)

※複数の検体を混合(プール化)した検体をPCR検査し、陽性反応が出た場合に限り、元検体のすべてを個別検査し、結果を確定させる方法。

 

(6) 検査の流れ

検査の申込み

検査を希望する事業所は、以下の申込フォームよりお申込みください。

申込フォーム

 検査キット等の配布・検体回収日の通知

検査機関より各事業所へ配布を行います。

また、併せて検体回収日をお知らせいたします。

※検体回収日は基本的に検査機関が指定し、事業所から指定することはできません。また、初回の検査については通知から検体回収日までが3日程度と大変短くなる場合があり、その間に検体を採取していただく必要がありますので、ご了承ください。

検体採取

検査受検者自身で唾液を採取していただきます。

※検体採取は、検体回収日及びその前日を推奨しております。勤務シフトの都合などによりやむを得ずそれ以前に採取する場合については、検体回収日を含め1週間以内の採取をお願いいたします。

※検体は常温保存が可能です。

 検体梱包

検査キットとともに配布した梱包資材を使用して、検査機関の指定の方法で梱包していただきます。

検体回収

検体回収日に検査機関が回収に伺います。

 検査結果の連絡

検体回収日から概ね3日後(日曜日を除く。)に、検査機関から結果を連絡する予定です。

ただし、陽性反応が出た場合については、その後、個別検査を実施するため、最終的な結果の連絡はさらに1日後となる予定です。

 

(7) 検査費用

無償(札幌市負担)

 

2 申込フォーム

以下の申込フォームより、10月8日(金)までに申込をお願いいたします。

申込フォーム

※概ね2週間に1回、検査機関が指定する検体回収日までに対象職員の検体を回収し、提出できることが申込の要件となります。原則として検体回収日の変更はできませんのでご注意ください。

 

3 ワクチン接種との関係

2回目のワクチン接種から2週間程度で十分な免疫がつくと言われておりますが、ワクチン接種後も感染する事例が散見されますので、検査への積極的な参加をお願いいたします。

 

4 その他

検体中のウイルス量が少ない場合、感染していても結果が陰性となることがあります(偽陰性)。検査結果が陰性の場合にも、引き続き感染防止対策をお願いいたします。

その他、よくあるご質問を掲載いたしますので、ご参照ください。

よくあるご質問(PDF:590KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階 

電話番号:011-211-2938  内線:2938

ファクス番号:011-218-5181