ホーム > 防災・防犯・消防 > 消防・火災予防 > 火災予防 > ビル・施設の防火管理等 > 防火対象物使用開始(内容変更)届出書は届出されていますか?

ここから本文です。

更新日:2014年11月17日

防火対象物使用開始(内容変更)届出書は届出されていますか?

札幌市火災予防条例により、建物(一般住宅・長屋を除く)の使用を始める方は、使用を開始する4日前までに、所在地、用途、収容人員など必要事項を記載した防火対象物使用開始(内容変更)届出書を所轄消防署長に届出する必要があります。

※消防用設備等又は特殊消防用設備等の届出が必要となる場合もありますので、事前に所轄消防署の予防課にご相談ください。

なぜ届出が必要?

防火対象物の使用状況を把握し、防火の専門家の立場から届け出内容の確認及び消防用設備等の設置状況等を事前に審査・指導することにより、建物の安全性を確保することが必要なためです。

届出の対象は?

建物の新築、増改築又は用途を変更して使用する場合(建物の一部分でも該当します。)

【例】

  • 建物や建物の一部を新たに使用する。

建物や建物の一部を新たに使用する(例)

  • 用途を変更して使用する

用途を変更して使用する(例)

  • テナントが入れ替わる

テナントが入れ替わる(例)

※工事を行わない場合でも届出が必要です。

届出者は?

建物又はその一部を使用しようとする者です。

※一般的には、建物及びテナントの関係者(所有者、管理者、占有者)となります。

受付窓口は?

所轄消防署の予防課となります。

事前にご相談ください。

届出書の入手先は?

  • 防火対象物使用開始(内容変更)届出書はこちら↓

防火対象物使用開始(内容変更)届出書

  • 各消防署の予防課でも入手可能です。

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局予防部査察規制課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目1003

電話番号:011-215-2050 

ファクス番号:011-281-8119