ここから本文です。

更新日:2017年4月20日

自衛消防業務新規講習

消防法施行令第4条の2の8第1項に規定する自衛消防組織の統括管理者としての資格講習及び自衛消防組織本部隊の班長が受講すべき講習を次のとおり実施します。

平成29年度自衛消防業務新規講習のご案内(PDF:159KB)

※下記の講習案内について印刷される方は、こちらのPDF版をご活用ください。

自衛消防業務新規講習受講申請書

講習科目免除申請書

1講習実施日

平成29年度防火管理講習・防災管理講習・自衛消防業務講習日程(平成29年4月~平成29年9月開催分)(PDF:51KB)

平成29年度防火管理講習・防災管理講習・自衛消防業務講習日程(平成29年10月~平成30年3月開催分)(PDF:51KB)

講習回

講習日程

グループ

第139回

平成29年3月2日(木曜日)~3日(金曜日)

B

第140回

平成29年4月24日(月曜日)~25日(火曜日)

A

第141回

平成29年5月15日(月曜日)~16日(火曜日)

B

第142回

平成29年5月27日(土曜日)~28日(日曜日)

A

第143回

平成29年6月10日(土曜日)~11日(日曜日)

B

第144回

平成29年7月19日(水曜日)~20日(木曜日)

A

第145回

平成29年8月8日(火曜日)~9日(水曜日)

B

第146回

平成29年9月4日(月曜日)~5日(火曜日)

A

第147回

平成29年9月20日(水曜日)~21日(木曜日)

B

第148回

平成29年10月14日(土曜日)~15日(日曜日)

A

第149回

平成29年11月18日(土曜日)~19日(日曜日)

B

第150回

平成29年12月7日(木曜日)~8日(金曜日)

A

第151回

平成30年1月18日(木曜日)~19日(金曜日)

B

第152回

平成30年2月1日(木曜日)~2日(金曜日)

A

第153回

平成29年3月1日(木曜日)~2日(金曜日)

B

グループA:中央区、豊平区及び手稲区の事業所

グループB:北区、東区、白石区、厚別区、清田区、南区及び西区の事業所

2講習定員

21名

3講習時間、講習会場等

⑴講習時間及び講習科目

講習時間

1日目8時50分~17時00分

2日目9時00分~16時10分

 

講習科目

1.防火管理・防災管理の意義及び制度

4.防災設備等の取扱い

2.自衛消防組織・統括管理者及び要員の役割と責任

5.統括管理者・自衛消防組織要員の災害対応訓練

3.防災設備に関する知識

6.効果測定・修了証交付

⑵講習会場

札幌市民防災センター4階講堂(白石消防署併設)

札幌市白石区南郷通6丁目北2番1号(地下鉄東西線「南郷7丁目駅」1番出口より徒歩3分)

⑶受付時間

講習日

1日目

2日目

受付時間

8時15分~8時45分

8時30分8時55分

※講習1日目は8時50分からオリエンテーションを実施します。

4受講資格

札幌市内の次の用途及び規模に該当する建物の自衛消防組織の統括管理者となる予定のある方、自衛消防組織の本部隊各業務(初期消火、通報連絡、設備監視、避難誘導及び救出救護等)の班長の方若しくは班長になる予定の方又は札幌市内に居住し、次の用途及び規模に該当する建物の自衛消防組織の統括管理者となる予定のある方、自衛消防組織の本部隊各業務(初期消火、通報連絡、設備監視、避難誘導及び救出救護等)の班長の方若しくは班長になる予定の方。

(1)対象用途

防火管理者の選任が必要な建物で共同住宅等、格納庫等及び倉庫以外のすべての用途

(2)対象規模

建物階数等 延べ面積
階数が11以上の防火対象物 延べ面積1万平方メートル以上
階数が5以上10以下の防火対象物 延べ面積2万平方メートル以上
階数が4以下の防火対象物 延べ面積5万平方メートル以上
地下街 延べ面積1,000平方メートル以上

複合用途の場合は、共同住宅等、格納庫等及び倉庫部分を除いた規模

※階数は、地階を除く階数

5受講申込方法

⑴受講申込先

次の書類を統括管理者となる予定の建物又は自衛消防組織の一員として従事する建物(予定を含む。)が所在する区の消防署予防課又は居住する区の消防署予防課へ提出してください。

  • 受講申請書
  • 申請書貼付用写真(1枚)

・郵送及びFAXによる提出はできませんので、ご注意願います。

・受講申請書:各消防署に備え付けてあります。

・申込受付時間:8時45分~17時15分(土・日曜日及び祝日を除く。)

申込締切:講習日の10日前まで。ただし、定員になり次第締め切ります。

⑵受講申請書

氏名・生年月日欄は、修了証の作成に使用しますので、ご本人が楷書で記入してください。

自衛消防業務新規講習受講申請書

WORD版(ワード:39KB)

PDF版(PDF:10KB)

⑶申請書貼付用写真

申請書提出前3か月以内に撮影した無帽・無背景・正面上半身像で、大きさ縦4cm×横3cmのものを申請書に1枚貼付してください。

⑷受講票

申込時に、受講票をお渡ししますので、必要事項を記載して、講習日に持参してください。

6講習科目の一部免除

⑴免除対象講習科目

下記の講習を修了し、修了証の交付を受けている方は、1日目の講習科目が免除され2日目から講習の受講ができます

修了講習

講習科目

甲種防火管理講習及び防災管理講習

(両方の講習を修了している必要があります。)

1.防火管理・防災管理の意義及び制度

2.自衛消防組織・統括管理者及び要員の役割と責任

3.防災設備等に関する知識

※効果測定は、免除ができる講習科目からも出題されます。

⑵講習科目免除申請書

講習科目の免除を希望する方は、講習科目免除申請書を受講申請書と一緒に提出してください。

講習科目免除申請書

WORD版(ワード:52KB)

PDF版(PDF:23KB)

⑶講習科目免除申請書添付書類

交付を受けている講習の修了証の写しを添付してください。

⑷受付時間

2日目:8時30分~8時55分

※講習科目が免除される方の受付時間となりますので、ご注意願います。

7受講手数料及び教材費

合計42,400円(消費税含)

⑴受講手数料

札幌市消防手数料条例の規定により手数料がかかります。講習初日の受付時に納付していただきます。

受講手数料37,000円(非課税)

※既納の手数料は返還いたしませんので、ご承知おきください。

⑵教材費

「自衛消防業務講習テキスト」を講習で使用します。(講習当日の会場で販売しております。)

教材費5,400円(消費税含)

法令改正により改訂版を使用する際は、価格の変動もありますので、ご承知おきください。

8その他

・講習当日は、受講票と筆記用具を持参してください。

(受講票は、受講申込時にお渡ししますので、必要事項を明記のうえ講習当日の受付時に提出してください。)

講習2日目は、実技訓練がありますので、動きやすい服装でお越しください。

・講習会のための駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

・遅刻、退席、受講中の喫煙・飲食及び携帯電話の使用は認めません。

・カメラ等の撮影、録音は禁止しております。

9講習受講に関するお問い合わせ先

講習受講に関するお問い合わせは、お住まいの区または勤務先が所在する区の消防署予防課までお願いします。

中央消防署予防課:011-215-2120

北消防署予防課:(代)011-737-2100

東消防署予防課:(代)011-781-2100

白石消防署予防課:(代)011-861-2100

厚別消防署予防課:(代)011-892-2100

豊平消防署予防課:(代)011-852-2100

清田消防署予防課:(代)011-883-2100

南消防署予防課:(代)011-581-2100

西消防署予防課:(代)011-667-2100

手稲消防署予防課:(代)011-681-2100

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局予防部予防課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目1003

電話番号:011-215-2040

ファクス番号:011-281-8119