ホーム > 防災・防犯・消防 > 消防・火災予防 > 各消防署 > 中央消防署 > [危険物]消毒用アルコールの保管・取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2022年6月13日

[危険物]消毒用アルコールの保管・取扱いについて

私たちの身の回りには、ガソリンや灯油など様々な危険物があります。
ここ数年で生活必需品となった消毒用アルコールにも「危険物」に該当するものがあり、
ちょっとした不注意や誤った保管・取扱いにより、火災を引き起こす危険性があります。

消毒用アルコールの保管・取扱いには十分注意しましょう。

  • 火の近くでは使用しない。
  • 容器を落としたり、乱暴に扱わない。
  • 直射日光が当たる場所や高温となる場所に保管しない。
  • 詰替えをする時は換気する。
  • 詰め替えた容器には、品名の表示や「火気厳禁」などの注意事項を記載する。

消毒用アルコール


 注意!消毒用アルコールを大量に保管する場合は、事前に消防署へご相談ください。

 札幌市消防局消防科学研究所の「消毒用アルコール火災実験映像」
 ぜひご覧ください。

「一連の 確かな所作で 無災害」ー危険物安全週間推進標語ー

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局中央消防署予防課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目

電話番号:011-215-2120

ファクス番号:011-271-0627