• ホーム
  • こんなときには
  • 暮らしの情報
  • お知らせ
  • 白石区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > しろいしニュース > 交通事故根絶を願って~上白石小でひまわりの絆プロジェクト種の引継式

ここから本文です。

更新日:2021年3月12日

交通事故根絶を願って~上白石小でひまわりの絆プロジェクト種の引継式

ひまわりの絆プロジェクト1

2021年3月11日

3月11日午前9時40分から、上白石小学校(白石区菊水上町1条3丁目)で、ひまわりの絆プロジェクト種の引継式が開かれ、2年生と1年生の児童、計70人が交通安全や命の大切さへの理解を深めました。
ひまわりの絆プロジェクトは、平成23年に京都府の交通事故で亡くなった4歳の男の子が植えるはずだったひまわりの種を、遺族から引き継いだ警察官が育てたことから始まった運動です。実った種に交通事故根絶の願いが込められ、今ではその種が全国の警察署を通じて学校などにも引き継がれています。本年度開校120周年を迎えた上白石小学校は、この節目を祝うとともに次の10年につなげていきたいという思いからこの取り組みをスタートさせました。
種の引継式では、ひまわりを育てた2年生の代表者が「毎日水やりをして大切に育てました」「4月からは皆さんが交通安全の大切さを伝え広げてください」と挨拶をした後、収穫した種を1年生や地域の方に引き継ぎました。1年生の代表者は、「大事に育てます」「命を大切にします」と決意を述べていました。
参加した児童は、セレモニーの間皆引き締まった表情で、交通安全の大切さと命の尊さを感じとっていました。

ひまわりの絆プロジェクト2

ひまわりの絆プロジェクト3

このページについてのお問い合わせ

上白石小学校011-811-2118