• ホーム
  • こんなときには
  • 暮らしの情報
  • お知らせ
  • 白石区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > しろいしニュース > 北白石地区でコロナ禍での災害を見据えた避難所運営訓練を実施

ここから本文です。

更新日:2020年11月15日

北白石地区でコロナ禍での災害を見据えた避難所運営訓練を実施

021115避難所運営訓練1

2020年11月15日

2020年11月15日、北郷会館(白石区北郷3条3丁目)で、北白石地区の避難所運営訓練が行われ、約30人が参加しました。
これは、新型コロナウイルス感染が収束しない中、適切な避難所運営を図ることを主眼に置いて実施されたものです。訓練開始にあたり、主催した北白石連合町内会会長の鈴木勝博会長は、「コロナ禍にあっても、災害は待ってくれない。こんな時期だからこそ開催する意味がある」とあいさつし、参加者の協力を求めました。
訓練では、防護服などを着用し、受付での検温、体調不良者の別室案内、飛沫感染防止のためのテント組み立て・設置など、コロナ禍での災害発生を見据えて改正した避難所運営マニュアルに沿って手順を確認しながら実施。参加者同士で、改善点や疑問点を出し合いながら、体制強化につなげていました。

021115避難所運営訓練2

021115避難所運営訓練3

このページについてのお問い合わせ

札幌市白石区市民部北白石まちづくりセンター

電話番号:011-874-0293

ファクス番号:011-874-7052