• ホーム
  • こんなときには
  • 暮らしの情報
  • お知らせ
  • 白石区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > しろいしニュース > 社会を明るくする運動内閣総理大臣メッセージ伝達式を開催

ここから本文です。

更新日:2020年6月29日

社会を明るくする運動内閣総理大臣メッセージ伝達式を開催

社会を明るくする運動メッセージ伝達式1

2020年6月29日

6月29日、白石区複合庁舎(白石区南郷通1丁目南)で、「第70回社会を明るくする運動内閣総理大臣メッセージ伝達式」が開かれ、社会を明るくする運動白石区推進委員会の藤田善昭推進委員長ら6人が参加しました。
「社会を明るくする運動」は、全ての国民が犯罪・非行の防止と過ちを犯した人たちの立ち直りについて理解を深め、力を合わせて犯罪や非行のない安全安心な地域社会を築こうとする運動です。法務省の主唱で昭和26年に始まったもので、全国に展開しています。
伝達式では、藤田推進委員長が「誰もがやり直し、活躍できる社会を構築することが重要です。」などと記された内閣総理大臣のメッセージを読み上げ、区長に手渡しました。また、その後行われた懇談会では、地域を挙げて再犯防止に力を入れて取り組んでいくことの重要性を確認し合いました。
なお、例年であれば、同運動の強調月間の初日であり「更生保護の日」に当たる7月1日に、区民が参加する「社会を明るくする運動白石区民大会」を開催していますが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、中止が決定しています。

社会を明るくする運動メッセージ伝達式2

このページについてのお問い合わせ

札幌市白石区市民部地域振興課

〒003-8612 札幌市白石区南郷通1丁目南8-1

電話番号:011-861-2422

ファクス番号:011-861-2775