• ホーム
  • こんなときには
  • 暮らしの情報
  • お知らせ
  • 白石区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > しろいしニュース > 百人一首で楽しく交流~白石区かるた大会

ここから本文です。

更新日:2020年1月26日

百人一首で楽しく交流~白石区かるた大会

試合の様子1

2020年1月26日

1月26日午前10時から、白石区民センター(白石区南郷通1丁目南)で、「第41回白石区子ども百人一首かるた大会」が開かれました。
これは、百人一首の「下の句かるた」を通して、交流を深めながら日本の伝統文化を学び、競技の楽しさを体感してもらおうと、白石区子ども百人一首かるた大会実行委員会(小澤光之大会長)が開催したものです。
この日は、白石区内の小中学生29チーム104人が出場。「小学3人制」「小学5人制」「中学3人制」の3ブロックに分かれて、競技が行われました。
開会式では、小澤大会長から「かるた大会は競技ですが、勝敗に関係なく友だちを作って、笑顔で帰りましょう」とあいさつがあった後、「白石小ミニD」チームの選手5人により、選手宣誓が行われました。
子どもたちは対戦相手と向き合いあいさつを交わし、試合開始。会場は静寂と緊張感に包まれ、会場全体が読み手の声に耳を澄まし、句が読まれると選手たちは、素早く木札に手を伸ばした。取り札の枚数が少なくなるごとに試合は白熱し、応援に来ている家族や友人たちは静かに勝負の行方を見守りました。
また、経験が少ない人にも百人一首に親しんでもらおうと、別室に「体験コーナー」が設けられ、小さな子どもたちも百人一首を楽しんでいました。
各ブロックの優勝は次の通りです。
▽小学3人制=「川北B」チーム
▽小学5人制=「菊ミニヘキサゴン」チーム
▽中学3人制=「みなちょこ最強」チーム

試合の様子2

試合の様子3

体験コーナーの様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市子ども会育成連合会白石区支部
〒003-0022札幌市白石区南郷通1丁目南8
電話番号:011-861-3115
ファクス番号:011-861-4164