• ホーム
  • こんなときには
  • 暮らしの情報
  • お知らせ
  • 白石区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > しろいしニュース > 地域が一体となった防犯の取り組みを~北東白石地区で合同防犯パトロール

ここから本文です。

更新日:2018年5月20日

地域が一体となった防犯の取り組みを~北東白石地区で合同防犯パトロール

パトロールの様子1

2018年5月20日

5月20日、北東白石まちづくり協議会(関紘一会長)が、北東白石地区の合同防犯パトロールを、北13条北郷通などで実施し、地域住民約90人が参加しました。
これは、地域を挙げて防犯活動を行うことで、安全・安心なまちにしようと同協議会が中心となり毎年実施しているものです。今年で13回目となります。
北都地区会館(白石区北郷3条12丁目)で行われた出発式では、関会長が「地域の皆さんが一体となった見守り活動を行うことで、この地区の犯罪が減ってきています。これからも、住み良いまちとなるよう活動していきましょう」とあいさつしました。
続いて、白石警察署の署員から「お互いに声を掛けあうことで、犯罪を防ぐことができます。新潟で痛ましい事件もありましたが、皆さんの活動を通じて犯罪を未然に防ぐことも可能になります」と話があり、参加者は真剣な表情でうなずいていました。
出発式終了後は、青色回転灯を装着した車両を先頭にパトロールを実施。自転車で外出する際に見守り活動を行う「チャリパト隊」や犬の散歩に合わせて見守り活動を行う「わんわんパト隊」などが続きました。
パトロールに参加した男性は「このような活動を通して、子ども達が安心に過ごせるようになればと思っています。今後も無理のない範囲で活動を継続して、安全なまちづくりに貢献したいです」と語りました。

パトロールの様子2

出発式の様子

このページについてのお問い合わせ

札幌市白石区市民部北東白石まちづくりセンター

〒003-0833 札幌市白石区北郷3条12丁目4-1

電話番号:011-875-3077

ファクス番号:011-875-7969