ホーム > くらし・手続き > まちづくり・地域の活動 > 義援金 > 平成30年北海道胆振東部地震災害義援金の配分について

ここから本文です。

更新日:2019年11月22日

平成30年北海道胆振東部地震災害義援金の配分について

災害義援金の配分基準

平成30年北海道胆振東部地震災害義援金の第三次配分までの配分基準は、札幌市災害義援金配分委員会の審議を経て以下のとおり決定しました。なお、札幌市災害義援金配分委員会の審議結果はこちらのページをご覧ください。

   

区分 第三次配分(第二次配分までを含む)
配分金額
(北海道からの配分額を含む)
対象
人的被害 死亡者 150万円 当該自身により死亡した者の遺族(災害弔慰金の支給等に関する法律(昭和48年法律第82号)に定める災害弔慰金の支給対象者)
重傷者 50万円 当該地震によって負傷し、1か月以上の医師の治療を受け、又は受ける必要がある方
住家被害 全壊 150万円 り災証明書により住家が「全壊」の判定を受けた世帯
大規模半壊 100万円 り災証明書により住家が「大規模半壊」の判定を受けた世帯
半壊 80万円 り災証明書により住家が「半壊」の判定を受けた世帯
一部損壊 見直し予定(30万円以内) り災証明書により住家が「半壊」の判定を受けた世帯のうち、 (1)50万円以上の修理費(※)を支出した世帯
見直し予定(10万円以内) (2)上記以外の世帯

                                         

  (※)修理費の対象範囲は、基本的に外構工事や家電製品の修理費等を除いた部分とする。

 

 

災害義援金の申請受付について

平成30年北海道胆振東部地震災害義援金の申請を以下のとおり受け付けております。

人的被害

人的被害(死亡者及び重傷者)については、こちらのページで案内をご確認のうえ、申請書類を担当課へ郵送願います。申請書の審査が終わり次第、順次、指定の口座にお振り込みいたします。

住家被害

半壊以上

住家被害(半壊以上)の手続きについては、り災証明書の発行に併せてご案内しています。申請書の審査が終わり次第、順次、指定の口座にお振り込みいたします。

すでに臨時総合申請窓口で一括申請書により申請済みの方は、再度申請する必要はありません。

一部損壊

住家被害(一部損壊)については、り災証明書の発行に併せてご案内しています。申請書の審査が終わり次第、順次、指定の口座にお振り込みいたします。

なお、案内や申請書等は、こちらのページからもダウンロードすることができます。

追加配分について

 追加配分が決定した場合、義援金を一度申請された方には指定口座に追加で振り込むため、新たな申請は不要です。ただし、一部損壊の被害区分においては、修理の有無による区分変更や、り災証明書の被害区分が半壊以上となったことによる区分変更には、新たな申請が必要となります。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局地域振興部区政課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2252

ファクス番号:011-218-5156