ここから本文です。

更新日:2016年2月18日

クヨイ【kuy-oy】

【kuy-oy】水袋

クイ=小便、オ=入る、ヒ=ところ
(小便の入るところ)がなまったもので、動物の膀胱(ぼうこう)のことです。
昔、アイヌは鹿の膀胱を取って、それをきれいに水洗いし、風船のように膨らませて乾燥させたものを、氷のうや水筒がわりにして使いました。
鹿の膀胱を膨らませるには、よく水洗いした膀胱の中に水を入れて揉み、柔らかくしては、水を足し、少しずつ膨らませていきます。
大きくなり、透き通って見えるくらいになると中の水を捨てて、中に空気を入れて膨らませ口をしばって干しておきます。
皮の厚さはその用途によって加減します。水筒や氷のうのように、水を入れて使うものは、膨らませすぎると穴があく心配があるので、あまり薄くしませんが、イパプケニ(鹿笛)を作るときは、良い音色を出すためにできるだけ薄くします。

画像:クヨイ

画像:クヨイ

 

 

 

 

このページについてのお問い合わせ

 札幌市アイヌ文化交流センター

〒061-2274 札幌市南区小金湯27番地

電話番号:011-596-5961

ファクス番号:011-596-5967