ここから本文です。

更新日:2016年2月18日

キトピロ/プクサ【kitopiro/pukusa】

【kitopiro/pukusa】(行者ニンニク)悪い病気をまき散らすカムイへのおそなえ

画像:キトピロの葉(左)、乾燥させて保存食としたキトピロ(中)キトピロのつぼみ(右)
写真は左から、キトピロの葉、乾燥させて保存食としたキトピロ、キトピロの蕾(つぼみ)
ニンニクに似た強いにおいのある山菜で、アイヌの人たちは食料ばかりではなくクスリとしても利用していました。
この強いにおいは病気をまき散らすカムイを追い払う力があると信じられていました。アイヌの人たちは、悪い病気が流行るのは病気をまき散らすカムイが村の中を歩き回っているからだと考えていました。
近くの村で悪い病気が流行ったときは、キトピロを使って病気をまき散らすカムイが村に来ないように祈りました。

このページについてのお問い合わせ

 札幌市アイヌ文化交流センター

〒061-2274 札幌市南区小金湯27番地

電話番号:011-596-5961

ファクス番号:011-596-5967