ここから本文です。

更新日:2016年2月18日

イパプケニ【i-papke-ni】

【i-papke-ni】鹿笛鹿をおびき寄せるときに吹く笛画像:イパプケニ
鹿狩りのときに使う道具のひとつです。
鹿の鳴き声によく似た音が出る笛で、鹿をおびき寄せるときに使いました。
アイヌの人々には、鹿の鳴き声が「ワイョー、ワイョー」と聞こえます。

このように笛を吹き鳴らし、近づいてきた鹿に毒をぬった矢を打ちます。画像:笛の表面中ほどにには小さな穴が開いていて、吹き口とつながっている。表面にはシラカバの薄皮や、鹿の膀胱を張る。吹き込まれた息で薄い膜が振動し、高い音を出す。

笛の表面中ほどには小さな穴が開いていて、吹き口とつながっている。表面にはシラカバの薄皮や、鹿の膀胱(ぼうこう)を張る。吹き込まれた息で薄い膜が振動し、高い音を出す。

このページについてのお問い合わせ

 札幌市アイヌ文化交流センター

〒061-2274 札幌市南区小金湯27番地

電話番号:011-596-5961

ファクス番号:011-596-5967