ここから本文です。

更新日:2019年12月3日

実践優良団体及び個人の表彰-25

平成25年度は、平成25年11月3日(日曜日)札幌市民憲章制定50周年記念式典の中で表彰式が行われました。

平成25年度 札幌市民憲章実践優良団体及び個人表彰者

 

個人または団体名
(敬称略)

実践活動

個人

黒田 愛子

  昭和35年に心の里親会に入会後53年間、途切れることなく児童養護施設で生活する子どもたちとの文通や施設への訪問を続け、子どもたちを励ますなど、子どもたちが立派な社会人として自立するため応援されてきました。

 今なお、85歳という高齢にもかかわらず、子どもたちの幸せな未来を願い、自分自身の生涯教育として文通を続けておられます。

高室 典子

 札幌市の青少年の性に関する現状(人工中絶率1.7倍、性感染症感染率3.0倍)を憂慮し、中学校や高校での講師として年間50回程度の講演会や出前授業を続けておられます。

 命の尊厳・命の輝きを語る語り口はおおらかさ、優しさに満ちており、受講した生徒ばかりでなく先生たちにも大きな影響と感動を与えています。

中井 君次

 札幌市高等盲学校に入学後、按摩マッサージ指圧師の資格を、昭和39年には鍼灸師の資格を取得。

 昭和43年に札幌鍼灸柔整マッサージ師会に入会し、現在まで45年間という長きに亘り、視力障がい者の会員の良き先輩・指導者として活躍したほか、新琴似地区においては、住みよいまちづくりと環境美化に特に尽力され、地域住民のお手本となっておられます。

団体

簾舞団地町内会

   地域の美化活動の一つとして、簾舞団地の入口、診療所前及び藤野西通り沿いの花壇のメンテナンスを8年前から月2回(5~10月)行っておられます。

 現在、この花壇は、ハーブの香りと花々の彩りを意識して整備され、簾舞地区の玄関口に位置することから、地域全体の「みどりのまち」のイメージづくりと環境美化に大きく貢献しています。

表彰式の様子

25-225-325-4

25-525-625-7

関連リンク

  

このページについてのお問い合わせ

 札幌市民憲章推進会議

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2253

ファクス番号:011-218-5156