ホーム > くらし・手続き > まちづくり・地域の活動 > 市民自治の推進 > 自治基本条例 > 自治基本条例素案についてのアンケート結果

ここから本文です。

更新日:2013年4月10日

自治基本条例素案についてのアンケート結果

アンケートの回答状況

 (1) 回答総数 1,967名
 (2) 年代別

年代

配布・配置

無作為抽出

合計

回答数

構成比

回答数

構成比

回答数

構成比

10代

13

0.9%

14

2.9%

27

1.4%

20代

89

6.0%

30

6.3%

119

6.0%

30代

218

14.7%

55

11.5%

273

13.9%

40代

166

11.2%

63

13.2%

229

11.6%

50代

197

13.2%

103

21.5%

300

15.3%

60代

246

16.5%

89

18.6%

335

17.0%

70代

342

23.0%

83

17.3%

425

21.6%

80代以上

41

2.8%

22

4.6%

63

3.2%

記載なし

176

11.7%

20

4.1%

196

10.0%

1,488

100%

479

100%

1,967

100%

 (3) 属性別

属性

配布・配置

無作為抽出

合計

回答数

構成比

回答数

構成比

回答数

構成比

町内会関係

508

34.1%

25

5.2%

533

27.1%

NPO、ボランティア

134

9.0%

24

5.0%

158

8.0%

事業者、会社員、公務員

493

33.1%

49

10.2%

542

27.6%

高校、大学生

14

0.9%

12

2.5%

26

1.3%

その他

37

2.5%

31

6.5%

68

3.5%

記載なし

302

20.4%

338

70.6%

640

32.5%

1,488

100%

479

100%

1,967

100%

アンケート結果

 (1) 市民の権利と責務について(アンケート 問1)

区分

配布・配置

無作為抽出

合計

回答数

構成比

回答数

構成比

回答数

構成比

権利を強調

123

8.3%

60

12.5%

183

9.3%

責務を強調

349

23.5%

82

17.1%

431

21.9%

その他

131

8.8%

34

7.1%

165

8.4%

この内容でよい

677

45.5%

247

51.6%

924

47.0%

記載なし

208

13.9%

56

11.7%

264

13.4%

1,488

100%

479

100%

1,967

100%

 ※ 自由記載意見 (711名、747件)

 権利について【強調すべき(113件)、盛り込むことに消極的・疑問等(21件)】

 責務について【強調すべき(297件)、盛り込むことに消極的・疑問等(36件)】

 その他【280件、権利と責務は表裏一体である、もっと具体的に書くべき、など】

 (2) 市政への市民参加について(アンケート 問2)

区分

市政への市民参加について(アンケート 問2)

市政の状況などについてわかりやすく情報提供する

市政の現状などについて学習機会を提供する

アンケートやワークショップ、市民会議など、さまざまな参加機会を設ける

市民が市政に提案できる制度を充実する

その他

記載なし

 ※ 自由記載意見 (331名、359件)

 情報提供(83件)、学習機会(16件)、参加機会(85件)、提案制度の充実(68件)

 その他(107件)

 ・肯定的な意見【議会の情報提供・傍聴の充実、町内会活動の活性化、など】

 ・否定的な意見【住民投票が濫用されるのではないか、行政が市民参加や提案を受け入れる体制にない、職員意識が不十分、など】

 (3)条例の必要性(アンケート 問3)

配布・配置

無作為抽出

合計

「必要」、「やや必要」の合計 73.0%

「必要」、「やや必要」の合計 78.9%

「必要」、「やや必要」の合計 74.5%

 5 「ご意見記入」欄への記載状況 (727名、1,106件)

区分

意見数

(1)検討プロセスに関すること

89

(2)条例素案に関すること

 

ア 条例の必要性等

175

イ 総論関係(前文、定義、表現、基本理念、原則等)

88

ウ 市民

52

エ 議会・議員

57

オ 市長

13

カ 職員

48

キ 行政運営

57

ク 市民参加の推進

175

ケ まちづくり活動

129

コ 位置付け、進行管理等

26

サ その他

42

(3) その他の意見、感想など

155

総数

1,106

 6 「ご意見記入」欄への記載意見の概要

 (1) 検討プロセスに関すること 89件
 ア 今回の意見募集について (59件)

 ・今回の意見募集はどのような位置付けなのか。条文を示した上で、市民投票を行い、市民の承認を得ることが重要
 ・多くの市民意見を聴く必要がある
 イ 今後の進め方 (30件)
 ・市民へのPRが十分でない。制定後どう理解を広げるかが課題
 ・よりよいものとするため拙速に進めるべきでない
 (2) 条例素案に関すること
 ア 条例の必要性等 175件
 ・市民主体や参加が明確化されることになり良い
 ・制定後実行していくことが大切
 ・条例で拘束され、まちづくりが進まないのではないか
 ・当たり前のことを条例で定める必要があるのか
  イ 総論関係(前文、市民憲章、定義、表現、基本理念、原則等) 88件
 (ア) 前文 

 ・「市民自治の理念を後世にも伝えていく」、「平和で安全、安心なまちづくりの実現に取組む」、「まちの最高規範」、と記載してはどうか
   (イ) 市民憲章 
 ・市民憲章の精神を実現する条例であってほしい
 ・市民憲章との関係を盛り込んだほうがよい
   (ウ) 定義 
 ・市民、まちづくり、市民自治、信託などを定義すべき
 ・市民と事業者は分けたほうがよい
 ・市民は、市内在住者のほか、市外からの通勤・通学者も含める
 ・市民を考えるときは、在住外国人も視野に含める
   (エ) 表現 
 ・高齢者や、中学生にもわかるような表現にして、何人でも理解でき、興味を持てるものにしてほしい
 ・やさしい言葉と具体案がほしい。(わかりやすい表現という意見が多数)
 ・抽象的でわかりづらい、文面が堅苦しいと市民を遠ざけるのではないか
   (オ) 基本理念 
 a 市民主体 

 ・市民は自治の「主権者」であることを盛り込むべき 
 ・「市民がまちづくりの主体」であることを強調し過ぎると、市民は自分達が考えたことが全て実現すると錯覚するのではないか
  b 信託
 ・市政を担当する市長、議員は、ビジョンを示し、リーダーシップを発揮して市民をリードしてほしい
 ・「市政運営に市民参加」は信託と両立できるのか、整理する必要がある
 ・信託は白紙委任ではない
 c 四者連携 
 ・市民・議会・市の相互コミュニケーションを位置づけたい
  d その他 
 ・札幌市民としての自覚を持ち、誇りが持てるようなものとする
 ・平和・環境保護・基本的人権の擁護を理念としてはどうか
   (カ) 基本原則
  a 市民参加

 ・市民参加を理念とすることは必要
 ・市民参加ではなく、市民参画とすべき
  b 情報共有
 ・共有とは、同じ量の情報を持つことだが、市が積極的に提供しなければ難しい。また、市民も含めた市全体で共有できるシステムづくりが必要。
 ・情報を共有することにより、市民の参加意識が高まり、また、参加することにより、更に深く知りたくなり、自分自身の向上心も高まる
   c 信託と責任
 ・信託が白紙委任でないことを盛り込む
 ・議員の候補者が基本原則に出てくるのは意味が不明確
 ウ 市民 52件
 (ア) 権利と責務

 ・個人の権利、意見の尊重は当然だが、それと同じく社会の一員として、公共の為に協力や妥協する義務も求められる
 ・権利を主張するばかりの人が多いので、その前に責任を果たすことが大切
 ・この条例を地域の憲法とするなら、市民の権利を守るために行政があるので責務は不要
 ・「市民の知る権利」をどう具体化するかが市民参加のまちづくりのポイント
 ・「市民は知る権利を持っている」と表現したほうが適切
 ・責務を果たさないことに関し罰則を設けることはできないと思うが、単なる努力を期待するのみでは憲章的なものとの違いが明確でない 
 ・町内会や地域への参加を責務とできないか
 ・責務としている内容は当然のことなので不要
 ・責任を持たされるならまちづくりに参加しないということにならないか
  (イ) 事業者 
 ・具体的な責務にできないか
 ・「地域社会の恩恵を受けていることを認識」と入れてはどうか
 ・まちづくりに参加するうえで仕事との両立が大変。事業者の義務として、社員の社会貢献活動への参加を盛り込めないか 
  (ウ) その他 
 ・市民も市政に関心を持ち行政任せから脱皮しなければならないが、まだ意識は不十分
 ・地域活動が重要になっていく中で「市民による不断の努力」が足りてない気がする。まちはつくられているものではなく、自分達が作っているものだという強い自覚と意識が第一
  エ 議会・議員 57件
 (ア) 活動内容 

 ・活動の様子がもっとわかるようにしてほしい
 ・広く市民意見、地域の実情を把握し、市政に活かしてほしい
  ・インターネット中継を充実させてはどうか
  (イ) 議会制度 
 ・市民参加は議会制を否定することにならないか
  オ 市長 13件
 (ア) 役割 

 ・憲法、条例の遵守、選挙公約の実現を規定する
 ・市民に「発言と行動に責任を持つこと」を規定するなら、市長、市職員、議員も規定すべき
 ・各区の市民参加の場に参加し、地域の実情を把握し市政に活かしてほしい
  (イ) 宣誓 
 ・市民にもこの条例を遵守してもらうなら、市長個人ではなく、市長が「市民を代表して」宣誓すると規定すべき
 ・市長が宣誓するなら、職員、議員も宣誓すべき
 カ 職員 48件
  (ア) 育成 
 ・まちづくりに対する熱意、職員資質の向上、人材育成が必要
 ・適材適所の配置、民間からの登用を進めるべき
  (イ) 責務 
 ・全体の奉仕者、市民のために働くという熱意が必要
 ・まずは職員の意識改革が必要
 ・条例の精神を全職員に徹底することが重要
 ・地域などへのボランティア活動への参加を責務としてはどうか
 (ウ) その他 
  ・職員倫理について規定すべき
  ・憲法に加えてこの条例の遵守も宣誓することを規定すべき
 キ 行政運営 57件
   (ア) 全般的なこと 

 ・市民の立場で運営すべき
 ・主語が「市」となっているが、「市長」ではないか
 ・縦割の解消が必要
 (イ) 計画 
 ・区ごとに特徴をもった施策を実施し、その実施にあたっては計画的・重点的に行い、そのことを市民に情報提供すべき
 ・100年先を見据えた総合的で計画的なまちづくりビジョンが必要
 (ウ) 財政 
 ・財政が厳しいことをもっと市民に知らせるべき
 ・財政の健全化は重要課題
 ・財源なくして、まちづくりはできないので自主財源の確保について規定
  (エ) 評価 
 ・行政評価は重要であり、具体的にどう行われるかが重要
 ・効率性の観点だけではなく長期的観点、市民全体のあるべき姿を規準に評価すべき
 (オ) 出資団体 
 ・第三セクター、指定管理者等公共を担う主体における情報公開、説明責任、公正確保等の義務と役割を独立して明記すべき
 (カ) 公正信頼 
 ・法令遵守(コンプライアンス)を明確化すべき
 ・不祥事が多い。管理監督するセクションが必要
 ・内部告発者を守る制度-内部通報者保護規定を盛り込む 
  (キ) 住民投票 
 ・間接民主主義を補完する直接民主主義の仕組みが必要
 ・住民投票は議会制を否定するもの。すべて議会で判断すべき。 
 ・住民投票を行うべき事柄(重要事項)、発議者(住民、議会、市長)、投票対象者(未成年者、外国籍市民を含めるかどうか)等の内容の検討が必要
 ・投票結果は反映するよう規定すべき
 ・投票結果の扱いについては熟慮すべき
 ク 市民参加の推進 175件
 (ア) 全般 
 ・若者など幅広い参加、特定者ばかりが参加しないような配慮が必要
 ・さまざまな参加機会の確保が重要
 (イ) 審議会 
 ・公募制の導入を明記すべき
  (ウ) 情報提供、情報公開、個人情報保護
 ・市政の現状課題についてのわかりやすい情報提供が必要 
 ・市民が知りたいと思ったときに入手できる方法が必要
 ・個人情報を除くすべてを公開、正確な情報、事務事業の運用効果などに関する情報を公開すべき
 ・福祉目的なら個人情報の提供も必要
 (エ) 市民意見・提案、意見反映 
 ・身近な場で意見がいえるようにしてほしい
 ・市民意見の反映を条例で明確化してほしい
 ・地域の意見を市政に反映できる仕組みが必要
  (オ) 市民参加条例 
 ・市民参加手続きを具体的に定めた市民参加条例が必要
 ケ まちづくり活動 129件
 ・区の機能強化を図るべき
 ・まちづくりセンターを中心に市民の声を吸い上げる仕組みが必要
 ・生活圏において、市民間の話し合いを促進する方策が必要
 ・子どものまちづくりへの参加の推進 
 ・人材育成、学習機会、市民活動促進策を充実すべき
 コ 位置付け、進行管理等 26件
 (ア) 他自治体等との連携 
 ・市民だけでは他自治体との協力・連携は難しいため条例で規定すべき
 (イ) 推進機関 
 ・条例制定後も運用評価は必要。機関は、市民が参加したものとし、結果は毎年公表すべき
 (ウ) 最高規範性 
 ・条例の趣旨から罰則は設けられないと思うが、最高規範と位置付け、実効性を担保したい
 ・条例という法形式で最高規範性を持つということが理解できない
 ・基本的人権の大切さなどが内容とされていれば最高規範といえるかもしれないが、現内容ではどうか
  (エ) 見直し 
 ・社会環境等、時代の変化に合わせた見直しが必要
 ・見直し期間はもっと短くすべき(1年、3年)
 サ その他 42件
 ・市長、市議会議員のマニフェストを義務付けてはどうか
 ・男女共同参画を基本として市政に参加していくことが必要
 (3) その他の意見、感想など 155件
 環境・ゴミ24件、雪対策 22件

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局市民自治推進室市民自治推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2253

ファクス番号:011-218-5156