ここから本文です。

更新日:2017年7月31日

第1回市民自治推進本部会議

本部会議の様子

日時:平成18年(2006年)12月26日(火曜日) 13時00分~13時30分
場所:市役所本庁舎10階 市長会議室

会議次第

 1 開会
 2 市長挨拶
 3 議事
 (1) 本部長挨拶
 (2) 当面の具体的な取組と本部の概要
 (3) 質疑 

市長挨拶の概要

 自治基本条例に基づいて、市役所全体が具体的な取組を展開していくことにより、市民が「まちづくりの主役」であると実感していただくことが大切だと考えています。そのためには、職員一人ひとりがこの条例の理念を理解し、市民の視点に立って考え、わかりやすい情報提供や市民参加の工夫をするなど、日々の仕事の進め方を変えていく必要があります。
 こうした取組を全庁一丸となって進めていくために、副市長を本部長とする庁内横断組織「市民自治推進本部」を立ち上げました。この推進本部で、情報提供や市民参加に関する基準やモデルを示し、各局区が取り組みやすい環境を整えていきたいと考えています。
 様々な場面で市民の参加を得て、市民の活動を支えていくことにより、市民に「市役所は変わった」と感じていただき、「まちづくりを進めていこう」と思う市民が増え、「市民自治が息づくまち さっぽろ」の実現に近づけると考えています。
 他の部局でいい事例があればどんどん真似してみてください。そうやって風通しのよい職場を作っていきましょう。

本部長(加藤副市長)挨拶の概要

 自治基本条例が10月3日に成立し、平成19年4月1日から施行されます。施行に先立って、まず、職員一人ひとりへ自治基本条例の浸透を図っていくことが必要と考えています。
 先の第4回定例市議会の質疑では、自治基本条例の認識度について、「74%もの職員が条例をよく知らないとの結果だった」という他都市の事例が出され、本市での職員周知の徹底を求める意見が出されています。本市ではそのようなことになってはいけないと考えています。
 私は「雪に負けないサッポロづくり本部」も担当していますが、「雪」や「除雪」は、市民の最大の関心事であり、市民との協働や連携、また、さまざまな部局の協力を得ながら進めています。同じように「市民自治の推進」という課題も、市役所のあらゆる部局に関係するものでありますので、全庁的な方針をしっかりと示して、さまざまな部局の協力を得ながら、進めていきたいと考えていますので、よろしくお願いします。

市長、加藤副市長

 配布資料

 0 レジュメ(PDF形式:7KB)
 1 自治基本条例の今後の具体的な取組~18年度(PDF形式:153KB)
 2 札幌市市民自治推進本部設置要綱(平成18年12月18日市長決裁)(PDF形式:10KB)
 3 市民自治推進本部(PDF形式:8KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局市民自治推進室市民自治推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2253

ファクス番号:011-218-5156