ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 事業所から出るごみ > 事業ごみ減量に向けた関係団体との連携事業

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

事業ごみ減量に向けた関係団体との連携事業

札幌市では、事業ごみの減量とリサイクル推進のため、関係団体と連携し、さまざまな取り組みを行っています。

さっぽろ学校給食フードリサイクル

幌市教育委員会、経済観光局及び環境局が民間企業と連携して、学校給食を作る過程で発生する調理くずや残食などの生ごみを堆肥化し、その堆肥を利用して作物を栽培し、その作物を学校給食の食材に用いて子どもたちが食するという食物の循環「さっぽろ学校給食フードリサイクル」に平成18年度から取り組んでいます。
に学校給食の調理くずや残食のリサイクルだけではなく、食や環境を考え、ものを大切にする子どもを育てることを目指しています。
さっぽろ学校給食フードリサイクル」の詳細(札幌市教育委員会のホームページ)

学校給食フードリサイクルのイメージ図

狸小路商店街ごみ減量・資源化推進プロジェクト

幌狸小路商店街振興組合、大通地区の商店街の活性化等に取り組んでいる大通まちづくり株式会社及び札幌市の3者で、平成24年1月に「狸小路スリムタウン協定」を締結しました。
狸小路スリムタウン協定」に基づき、古紙分別回収活動の普及啓発活動等を狸小路・三番街商店街のエリアで実施しております。
の古紙分別回収活動を皮切りに、事業ごみの減量・分別・リサイクルの取り組みとして、札幌市内の各商店街等に商店街古紙回収事業を拡大しております。

狸小路スリムタウン協定の画像

すすきのごみ減量・資源化推進事業

すきの地区のビルオーナーが加盟する札幌薄野ビルヂング協会と札幌市が連携・協働し、平成22年12月に「すすきのスリムタウン協定」を締結しました。

すすきのスリムタウン協定」に基づき、すすきの地区における事業ごみの減量・分別・リサイクルや環境美化に関する啓発活動を行っております。

に、すすきの地区で発生した生ごみを分別収集し、肥料化・飼料化にする取り組みも進めています。

すすきの地区生ごみリサイクルの流れ

すすきのスリムタウン協定の画像

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部事業廃棄物課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2855

ファクス番号:011-218-5107