ホーム > くらし・手続き > 環境・みどり > 公園・みどり > 花と緑のまちづくり > 第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)

ここから本文です。

更新日:2022年6月24日

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)

全国都市緑化フェアとは

国民ひとり一人が緑の大切さを認識するとともに、緑を守り、愉しめる知識を深め、緑がもたらす快適で豊かな暮らしがある街づくりを進めるための普及啓発事業として、昭和58年(1983年)から毎年、全国各地で開催されている花と緑の祭典です。

第39回全国都市緑化北海道フェアについて

令和4年は、恵庭市の花の拠点「はなふる」をメイン会場として令和4年6月25日(土曜日)~7月24日(日曜日)に開催されます。

昭和61年に本市の百合が原公園で開催されて以降、北海道での開催は36年ぶりです。

本市においても、

協賛会場である百合が原公園では、長大な緑のカーテンや大花壇のほか、珍しい植物の展示、色とりどりの花に囲まれた撮影スポットを設置し、

スポット会場である大通公園では、市内の造園会社がその出来栄えを競う「大通花壇コンクール」と「大通公園バラフェスタ」等と連携し、フェアを盛り上げていく予定です。

詳しくは、以下のリンク先にてご確認ください。

 


 



 

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局みどりの推進部みどりの活用担当課

〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目5 大通バスセンタービル1号館6階

電話番号:011-211-2522

ファクス番号:011-211-2523