• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 西区ニュース > 思いを込めた手作りキャンドルで、地域全体でゆったりとした夜を過ごしませんか?~琴似小児童によるポスター、キャンドル配布

ここから本文です。

更新日:2022年6月16日

思いを込めた手作りキャンドルで、地域全体でゆったりとした夜を過ごしませんか?~琴似小児童によるポスター、キャンドル配布

集合写真

6月16日(木曜日)、琴似小学校(西区琴似2条7丁目)5年生の児童らが、21日(火曜日)午後8時から行われる「キャンドルナイト ㏌ 琴似」への協力を呼び掛けるため、3つのグループに分かれ手作りのキャンドルとポスターを配布しました。

 キャンドルナイトとは、夏至の夜に家庭や店などで一斉に電灯を消し、ろうそくの明かりの下で環境などについて考えながら過ごすイベントで、琴似地区では、商店街や小学校などで構成される琴似地区まちづくり協議会(加賀谷弘道(かがや・ひろみち)会長)が取り組みを続けています。

 西区役所や琴似神社、飲食店などに配布するグループの児童らは、緊張した面持ちで区長室に入室。キャンドルとポスターを坪田靖(つぼた・やすし)西区長へ手渡すと、坪田区長は、「胆振東部地震で停電の被害を受けた時、多くの人が電気のありがたさを感じたと思う。今回のイベントについて、多くの区民の皆さんに知ってもらい、電気のありがたさなどについて、改めて考えるきっかけにしたい」と児童らに語り掛けました。

 配布を終えた児童らは、「自分が作ったキャンドルを地域の人が使ってくれるのは嬉しい。21日は、家族でキャンドルナイトを楽しみたい」と、笑顔を見せていました。

区長室に入室する児童らの様子

琴似神社へ配布する様子