札幌市携帯サイト


更新日:2014年10月1日


●相談結果

【受診の必要性なし】

すべての項目に該当しない場合でも、継続的に様態をチェックし、症状が悪化した場合、変わらずに続く場合、他の症状が出現した場合には医療機関の受診を考慮してください。

【医療機関を探す(北海道 救急医療情報システム)】

【1歳未満や周囲で感染症が流行している場合など直前の質問に該当する場合は】
緊急性が高くなる可能性がありますので、救急安心センターさっぽろへご相談ください。
看護師が24時間365日救急の医療相談に対応します。
電話番号:#7119(ダイヤル回線・IP電話からは011-272-7119へ)


【次の症状が現れた時は救急車を呼んでください。】
■嘔吐を何度も繰り返してる。 ■吐いたものに血〔または〕胆汁(緑がかった液体)が混じっている。 ■発熱(38度以上)がある。 ■尿が半日以上出ていない。 ■無表情でウトウトしている。〔または〕元気がなくぐったりしている。 ■(乳児の場合)ミルク摂取後に、3 〜4回以上噴出する嘔吐が見られた。 ■強いおなかの痛み(腹痛)がある。 ■頭を激しく痛がっている。 ■便にたくさんの血が混じっている。〔または〕便にイチゴゼリー様のものが混じっている。 ■おなかがパンパンに張って(腹部膨満)いる。 ■泣いても涙がほとんど出ない。 ■おなかを強く打った。

【迷った場合、救急安心センターさっぽろへご相談ください。】
緊急性が高くなる可能性がありますので、救急安心センターさっぽろへご相談ください。
看護師が24時間365日救急の医療相談に対応します。
電話番号:#7119(ダイヤル回線・IP電話からは011-272-7119へ)


緊急度自己判定(セルフトリアージ)のトップへ

札幌市携帯サイトホーム


市政総合案内
[札幌市コールセンター]
市の手続きの簡単なお問い合わせや施設、公共機関などのご案内
年中無休、8時00分〜21時00分。
電話:011-222-4894
Eメール:info4894@city.sapporo.jp


Copyright © City of Sapporo All rights Reserved.